INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ふえ・ふえる

マダガスカル産のカーネリアンです。
カーネリアンは「紅玉髄」……示す色は真紅なので、真紅というよりは茶色っぽいこれは、厳密には「サード」というべきかも。

hue.jpg

サードとは、あまり聞かない名称ですが、簡単に言えば「サードオニキス」のサード。

今でこそオニキスというと真っ黒カルセドニーと思われていますが、本来は、黒に白い縞がすっきり入ったアゲートのことでした。
ゆえにオニキスの和名は「黒瑪瑙(個人的には黒縞瑪瑙といいたい)」。
オニキスには「キューピッドが削り落としたビーナスの爪が川に落ちて石になった」という神話があり、その名前は「爪」という意味だそうです。

オニキスは色合いよりも「すっきりはっきり縞」が重視されていたらしく、建材の世界では縞模様のマーブル(大理石)がオニキスと呼ばれていたりします。

で、サード(赤茶色系カルセドニー:模様なし)に、オニキス(すっきりはっきり縞模様)の要素が加わったアゲートだからサードオニキスというわけ。

それはさておき、このサード、人工的に磨いたものではなくて川流れの天然コロコロタンブルです。
そのなかで、窪みがあるものを探して買いました。

右側が以前から持っていたもの、左側が去年の池袋で買ったもの。
この窪みがミソなのです。

なぜかというと……この窪みによって、この石は笛になるから。
音階を奏でることはできませんが、ピィーッと鳴らすことができます。

右側の石は、かなり吹きやすいのですが、それよりも窪みが大きい左側は、鳴らすのがちょっと難しめ。
でも右側よりやや低い音で鳴ってくれます。

こういう、石の笛を「磐笛(いわぶえ)」といいます。
石に人工的に穴をあけたものも売られていますが、どうせだったら天然の形がいい。
……ということでひそかに探して集めています。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム