INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

続・続・ツッコミ石

こちらこちらもどうぞ。この記事は3番目です。

アースシードライトはビーズでブレスレットになっている以外に、原石が出回っています。
岩石なので、その原石となると、たいていは割ったかけらのようなものになるはずです。

しかし、アースシードライトの原石は、かけらではなく小さな塊状のものなのです。

これはまるで、古い時代にできた岩が地殻変動で粉々になり、新しい時代の岩の中に取り込まれ、ごりごりとすりつぶされてきたための形ではないか……?
想像ですけれど、地面から掘り出されたそのままの、石が自らとったその形が気になる。

しつこく検索してみることにしました。
なぜ、アースシードの説明は、ことさらに「高温変成」といい、その鉱物の組み合わせを強調するのか。
これらは、売るために適当に説明をでっち上げて出てくる文言ではないでしょう。
説明全体では、これまでちまちま述べたように、マニハールでそんな石が出る仕組みがわからないわけですが、じゃあ、マニハールでなかったら?

そういえば、集めた情報の中には
◇インド南部には大陸創生期に生成された「超高温変成岩」が分布しています。
という説明もありました。

そういえばこの説明は、「それが北部のマニハールまで移動した」という内容にはつながっていなかった。
確かに、インドの南部は南極と接していたわけだし、インドと南極を分離させたその力は、地球の深くからあふれ出したマグマがプレートを動かしたから。大陸を移動させるのですから、大きな力で変成作用がおこっても不思議ではありません。

「インド 高温変成」で検索してみると……

おやあ?

「南インド・マドゥライ岩体北部における斜方輝石珪線石+石英共生の発見:超高温変成作用の証拠(清水)」
http://www.geol.tsukuba.ac.jp/web_news/web_news_v05.html
(赤太字はKURO)
とか

南インドのゴンドワナ剪断帯に産出する高圧~超高温変成岩の岩石学的・熱力学的解析
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-11J00311/

とかがヒットしてくるではありませんか。

二つ目のリンク先では「研究概要」として
(前略)南インドRajapalaiyam地域、北中国Tuguiwula地域、東南極Bunt島、Priestley Peak、Tonagh島に産出するサフィリン+石英共生を含む高圧~超高温変成岩の変成温度圧力履歴を見積もった。
サフィリン+石英共生は、超高温変成作用の最も特徴的な鉱物組み合わせとして知られている。しかし近年、Fe3+を多く含むサフィリンと石英の共生は、その安定領域が低温側にシフトすることがわかっている。
(中略)本研究の成果は本地域や周辺地域におけるテクトニクスを議論する上で重要である。
※KAKEN 科学研究費助成事業データベース 「南インドのゴンドワナ剪断帯に産出する高圧~超高温変成岩の岩石学的・熱力学的解析」のページの研究概要より引用、(略)はKUROによるもの


アースシードライトは、
◇サフィリン・コーディエライトinシリマナイト
サフィリンは「超高温変成岩」の中でも、等温、減圧という環境変化を受け斜方輝石が置換した石
◇サフィリンはコーディエライトとともに青緑色の層をなし、それが真珠色のシリマナイトと共生する、
◇約25~38億年前に現在の南極付近の地球深部で形成されたと考えられる変成岩
◇超高温高圧で生成し、様々な地殻変動を経たブルーのサフィリンが、コーディエライトとシリマナイトと共生する奇跡の鉱物。
◇シリマナイト、サフィリン、コーディエライト、マイカなどが層状に共生する変成岩

だそうですが
サフィリンは斜方輝石が置換してできた石、シリマナイトはずばり珪線石です。

アースシードライトって、このあたりの研究で述べられてる岩石じゃないのか。

さらにこちらのページでは
「南インドグラニュライト地塊は、原生代末期〜カンブリア紀初期のゴンドワナ大陸集積最末期の造山運動によって形成された高
度変成岩類によって構成されている。この地域は、サフィリン+石英、スピネル+石英、斜方輝石+珪線石+石英などの超高温変成作用によって形成された鉱物組み合わせの普遍的な出現によって特徴づけられている。」
(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jakoka/2009/0/2009_0_90/_pdfより引用)
とあり、原生代といえば約25億年前〜約5億4,200万年前。
原生代末期だと約5億年前ですが、ここで「末期」をぼやかすと、アースシードライトの「約38億年前~25億年前」の説明にかすります。要するに、もともとの岩はそれくらい古くにできていて(当時のゴンドワナになっていた)、分裂する時の地殻変動で変成作用を受けてアースシードライトになった……ということ?

それにしてもここで出てくるマドゥライとかRajapalaiyam(←これだと地名としてヒットしないので、yの前の「iが余分かも)って、思いっきり南インドなんだよなあ……
madurai.jpg

ここではっきり言っておくと、私はここでリンクした論文の中身までは読んでいないし、理解できるだけの知識もありませんが、
「インド南部」
「高温変成」
「サフィリン」「シリマナイト」
ゴンドワナの古い岩石が、インド分裂の時の地殻変動で変成を受けた(たぶん)
……という、アースシードライトの説明に合致するキーワードが多数出てくることは注目に値すると思ってます。

もしかして、マドゥライとマニハールが間違われた……なんてことはないだろうな?

産地がマニハールと誤解されたことで、南極から北インドまで移動したとか、ヒマラヤが持ち上げられてエネルギーが……とか、余分な説明が加わったんじゃないか。

ここを取り除き、場所を南インドのままにすれば、岩石の研究という立派に客観的な裏付けで説明できそうな感じなんだけど……。
つまり、
2014年に北インドのマニハールで発見された
→マニハールが間違い。実は南部のマドゥライ?
サフィリン、コーディエライト、シリマナイトが混じっていて、超高温変成でできた珍しい石
→たしかに、インド南部で似たような(ほぼ同じかんじの)組み合わせの岩石が出ている
約38~25億年前の南極付近の地球深部でできたものが地殻変動で移動した。
→元の岩石ができたのは古いが、変成を受けたのはパンゲア分裂の一憶5000万年以降?
北上を続けるインド亜大陸がヒマラヤを天空へ押し上げたエネルギーを秘めている
→インドの岩石であれば、大きく見ればヒマラヤにかかわっているけれど、ヒマラヤの範疇であるマニハールではないとしたらヒマラヤと言えるかどうか微妙。

……ということ?

どうなんでしょうか、お店の方。






Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム