INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ゴースト・ブルー

最近、山東省産のモリオンに浮かれています。
8月に丸玉を買い、マルチスターが出ることを知り、10月にブレスレットでも確認して、一気にヒートアップ。

「そういえばあの店に丸玉おいてた」
と思いだし、昨日はふらふら石屋を二軒はしごしてきました。

結果、片方の店は山東省産で、マルチスターを確認。通常スターのモリオンも発見。
もちろん両方ゲット。だってセール中だし。
もう一方の店は「内モンゴル産」。マイ・ライトで照らさせてもらいましたが、マルチスター(スターというよりスポットだけど)は確認できず。

やっぱり山東省産か。

内モンゴル産モリオンの店では、別の戦利品をゲットしました。
いわゆるパワーストーンショップ(原石多め)なので、丸玉やタンブルなどもおいているんですが、この丸玉コーナーのアメジストの中に、しれっとアメトリン。

さらに、その下にひびだらけ、よく見るとぶつかった傷跡もあるような、いわゆる「B級水晶玉」がトレイに入れられごろごろ並んでいます。
白濁して透明度がないというのではなくて、透明は透明なんだけど、傷、多すぎです。

でも、こういう所こそ掘り甲斐があるのです。
「すみませーん、ライトで照らしてみていいですか?」
と、とりあえず許可を得て、ここでも登場、マイ・ライト。

まずは、ざっとトレイに並んだ状態で照らしてみながら、石の白濁具合を見ます。
目当てはうっすら白濁したミルキー・クォーツ。

そんなに時間もかけられないので、真っ先に目をつけた、他に比べるとほんのり白濁している丸玉を手に取り、ライトでぐりぐり照らし(透かし)てみます。
透かすというより、斜め奥から玉の内部を照らす感じ。

すると……ほーら、いたよ、ゴースト

最近「クレパスキュラー・クォーツ」とか「エンジェル・ラダー」と呼ばれている、青白い光が浮かびあがる水晶。
私は「ブルーゴースト・インクルージョン」の名前で知りました。

希少な水晶だと宣伝されてるけど、見え方が派手でないなら、こういう所で見つかります。
もちろん、普通B級水晶玉価格(ラッキーなことにこっちもセール中!)。

これなら、もっとあるかも? と結局ちょっと居座って水晶玉チェック(他にお客さんはいませんでした)
お店の人も「これ、使いますか?」と黒いトレイを貸してくださり……でも見つかったのは最初のひとつだけ。

「これ(アメトリン)とこれ(水晶玉)ください」
「熱心にご覧になってましたけど、何か入ってましたか?」
「えーと、こんな風に(照らして見せて)青く光るのがあるんです。それを探してて」
「えー、知らなかった。別の鉱物でしょうか」
「これ、ちょっとだけにごったミルキー・クォーツなんです。部分的にミルキーの成分が偏ってることでこうなるんだそうですよ」

……ということでやってきた水晶玉。
家に帰ってじっくり照らしてみたところ、思ったより広範囲に青い輝きが見えました。ラッキー。

これは、太陽光では採れないので、LEDのライトで照らして撮影。
カメラでは全部青く写ってしまうので、見た目に近く加工しました。

最初に見えたのは、こんな光の筋。
crepuscular-rays.jpg

慎重に光を動かすと、こんな輝き方も。
crepuscular-rays2.jpg

広範囲にまるでオーロラのような、薄膜のような輝きも。
crepuscular-rays3.jpg

こういうのは、クレパスキュラー・クォーツ、別名を「エンジェルラダー」と呼ばれているようです。
クレパスキュラーってどういう意味? と思って調べてみたら綴りは「crepuscular」
「薄暗い」というような意味のようです。

これが「crepuscular rays (クレパスキュラー・レイズ)」になると、雲の隙間から降り注ぐ光の筋……いわゆる「天使のはしご」の意味になります。エンジェルラダーはまさにこれ。(ラダー:はしご)
だから、これはクレパスキュラー・クォーツじゃなくて、クレパスキュラー・レイズ・クォーツと呼ばないと、意図する名前にならないんじゃないのか。

それはさておき、クレパスキュラー(レイズ)クォーツは、最近見つかった、とても希少……と紹介されてますが、私がブルー・ゴーストとして知ったのは、2012年の池袋ショーだし、そのときの記事のコメントによると、前から知っている人は知っていたみたい。

最近見つかったというより、最近知られるようになった(名前をつけて売られるようになった)、希少というより、、きれいなのは少ないかもしれない、みつけるのがめんどくさい……ということでしょう。

山東省のモリオンのスターもそうだけど、その名前で売られると高いのに、自力で探せば安く買える。
しかも「やったぜ」という満足感付き。
はまります。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム