FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

厄と魔

ふと気になったこと。

厄除けと魔除けってどう違うんだろうか。

ついつい一緒くたに考えてしまうんだけれども、「厄除けしたい……だから魔除けの石を」なんてことになると、「アレ?」と引っかかる。
素直に考えたら、違うものだから厄除けと魔除けという別の言葉が存在するはず。

言葉はいきものだから、使われなくなれば忘れられて消えていく。
もちろん、使われるうちに意味が変わってしまう場合もあるけど、もともと違うものだから二通りの言葉があって、それが意識されているから二つの言葉として生き残ってるんじゃないか。

気になったら検索。
まず、厄除けと魔除け、ずばりその違いは?

「厄」とは?……災厄,苦しみ、災い、災難、良くない巡り合わせ。
(コトバンクから抜粋。https://kotobank.jp/word/%E5%8E%84-143483)
「魔」とは?……人の生命を奪い,善事を妨げる悪い鬼神、人をまどわし、災いをもたらすもの
(コトバンクから抜粋。https://kotobank.jp/word/%E9%AD%94-135320)

つまり、とはざっくり「よくない出来事や、その出来事に巡り当たってしまうこと」
とは、「人間技ではない力で悪をもたらすもの」。

出来事と不思議な存在という違いがあるということ?

厄とは自分の中に生じるもので、魔とは外からやってくるものという別の説もありました。

そして、「~除け」はそういうものがよってこないように防ぐこと。つまりは予防。
「払い」は要するに「お祓い」。取り去って清浄に清めること。要するに除去&浄化。
厄除けはお寺が行うことで厄払いは神社が行うこと、という説明もありました。

なるほど、神社だったら「祓い給え、清め給え」で「祓い」というのは、納得です。
ても、寺でもお祓いってあるんじゃないかな? と思って調べてみたら、神仏習合で混じってしまったけれど、もともとは仏教で行うのは「加持」であるとのこと。(お祓いをする宗派もあるとか。

じゃあ、厄除けと魔除けはそんなに厳密に区別するものでもないのかな……と思ったのですが、不思議なことに、「厄」には厄除け厄払いも、もう一つ厄落とし(厄をものに移して取り払うこと……つまり身代わり?)もあるのに、「魔」には「魔除け」しかありません。
悪魔払いはありますが、「魔」と「悪魔」って微妙にニュアンスが違うと思いませんか?

さらに検索すると「魔」はもともと仏教の概念だということなので、だからお寺の領分である「魔除け」しかないんだろうか。
……でも、神社でも「魔除けの鈴」なんかがあったりするし。
もしかすると、人知を越えた力をもつのは、日本においては「神」である。
良い神/悪い神ではなくて、神がもたらすものが人にとって良いか悪いかの違い。
つまりは「魔」も神……八百万の神に含まれるので、「祓う」ものではないということだろうか。

うーん、やっぱり厄と魔とは区別されるもののような気がする。

厄は、厄災……そういう出来事。巡り合わせのタイミング。
魔とは、災いをもたらす「存在」。
魔は厄をもたらすけど、厄はそれだけではなく、「身から出たサビ」の場合もある。

日本の八百万の神々的感覚では魔も神のうちなので、お祓いするわけにはいかないけど、もたらされた厄は祓うことができる。
さらにいうなら、厄除けは、まだもたらされない厄災を予防すること。
厄払いは、すでに降りかかっている厄を取り払い清めること。

と考えると、何となく納得できそうです。







Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム