FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ガラスを買った

ガラスを買った。
売ってるときの名前は「雪花オブシディアン」だったけど、たぶん、人工的なガラスじゃないかな?

買ったのはこれ。

yukihana.jpg

やや鈍い色合いのラリマー……っぽい模様の丸玉に、部分的に写真のような放射状の「花」
手触りは、紛れもなくガラス。

これがなにかというと、天然のスノーフレークオブシディアンのクリストバライトのようなものじゃないかと推測しています。
不透明なスノーフレークオブシディアンではわかりにくいのですが、これが透明になるとこんな感じ。

wada_20180227225134b5a.jpg

天然ガラスではなく人工ガラスでも同じようなものはできるようです。

terra-6.jpg glass3.jpg

透明水色ガラスをベースに、白い「クリストバライト」がたくさんできれば、写真の丸玉のような模様になるのではないかと思われます。
※クリストバライトなのか、ガラスに混じった成分によるよく似た別のものなのかはわかりません。

陶芸で「結晶釉」というのがあります。
陶芸の釉薬はガラスのようなもので、結晶釉は器の表面……薄くかかった釉薬の中で放射状の結晶ができるものです。
釉薬の成分も重要ですが、釉薬が溶けてから固まるまでの温度管理が大変難しいと聞いたことがあります。(冷めるに任せるのではなくて、一定の温度を長時間保たなければならないとか)

もしかしたら、このガラスも溶けて固まるまでの環境が、実は特殊で、このような「全面スノーフレーク」になったのかも。
なんとなく、これを目指して作ったのではなくて、大量の溶けたガラスをほったらかしていたら、一部がこんなことになっていた……という、半分偶然の産物っぽい気もします。







Comment

Secret

No title

いつもブログ楽しく拝見しています。
この記事を読んでいてビクトリアストーンの製造方法について大きなヒントを見つけたような気がします
ぜひKUROさんのご意見を聞いてみたいです。
興味がおありでしたらどうぞお聞かせください。

Re: No title

私も、ビクトリアストーンは持っていますが、やはり放射状の結晶が押し合いへし合いしている構造であることは確かなようです。

原石……というか、作ってからルース等に加工される前のものを見たことがあるんですが、直径8~10センチくらいの円筒状(割れているので一部)でした。
そういう坩堝みたいなもので、温度をコントロールしながら作ったのでしょうか……。

No title

予測でしかないのですが結晶釉と今回のガラス、そしてビクトリアストーンはどれも同じものだと考えられます。

たぶん酸化亜鉛が結晶化したものでしょう。

結晶釉には意図的に酸化亜鉛が加えられており、書かれていた通り温度をゆっくり下げることで結晶を作っています。



今回のガラスはおそらく鉛フリーのクリスタルガラスだったのでしょう。

無鉛クリスタルガラスには鉛を入れる代わりに酸化亜鉛を入れることがあります。そうすることで屈折率を高く保ちつつ、毒性を下げることができるんです。

このガラスはアンダラ・クリスタル同様、溶けた無鉛クリスタルガラスを土の下に大量に捨てたのでしょう、土が保温材代わりになりゆっくり冷え、結晶釉と条件がそっくりになり結晶まみれのガラスが出来上がったのではないのでしょうか?



ビクトリアストーンの製法は特許として公表されているのですがそのレシピ中にも酸化亜鉛(特許では亜鉛華と表記されています)があり、1300度からじっくり冷まして作られていました。

製作者の飯盛里安は戦後焼き物の釉薬の研究を行った後、メタヒスイ→ビクトリアストーンの順で宝石たちを作り出しており、個人的に酸化亜鉛がヒントではないかと思っております


長々と失礼しました(´・ω・`)特許はネットでも見られるのでぜひのぞいてみてください!
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム