FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

しつこくザギ

いわゆる「ザギマウンテン・クォーツ」です。
確かこれはまだ登場してなかったはず。

zagi-cluster.jpg

掌ちょっとオーバーくらいの大きさで、キャラメル色に色づいた結晶が群れてます。
大きめ結晶は表面&先端が白っぽい感じ。
母岩付きで、母岩の上にほぼ直接結晶がくっついている様子とか、母岩がややもろそうな感じとか、産地の様子が垣間見られるのがなかなかGood。

ザギについては、まず第一に、内包物によるキャラメル色の色合い、次に産地はどこ? というのが、注目ポイント。
パワーとかは「何だかパワーが強い石なんだって」くらいしか覚えていませんが、石の説明で「聖地」と連呼されるくせに、その場所がどこかわからないというのが気にあります。

「聖地」は、人間が意味づけた場所ですが、そこを聖地と呼ばせた何らかの理由があるはずで、たとえばそれが美しい姿の独立峰であるなどの自然の理由であれば、「この水晶には、あの風景を作った自然のパワーが入っているかも-」と考えて楽しめますが、理由もなく「聖地」では楽しめない。
……ということで、「ザギマウンテンってどこ?」と、以前からしつこくしらべているのですが、あいにく、期待が裏切られる⇒謎が増える&聖地の理由はわからないままという状態です。

ざっと振り返ると、最初にパワーストーン関係なしの鉱物のラベルでザギの名前を見つけ、それに従ってパキスタンとアフガニスタン国境沿いで、ペシャワール後格のワルサックダムの南東5.5㎞という場所を地図で探してみました。

……ところが、見つけた場所は地図で見る限り、400メートル以上、600メートル以下の高さ。
そばにはもっと高い山脈が走っているので、山脈の裾野の若干盛り上がっているところ? という感じで「マウンテン」の名前に疑問符がつきます。
見た目すごい山だからじゃなくて、何か歴史的な出来事の舞台だったのかも?(そこらへんの歴史は不明)と思っていたら、ザギマウンテンクォーツを扱っているショップさんが「ここで採れました」と地図を掲載しているのを発見。

ところがその場所は、最初の「ワルサックダムの南東……」ではなくて、ワルサックダムの
高さは最初の候補地と似た感じですが、こっちは、若干盛り上がり……じゃなくて、完全に山の裾野の一角という感じです。
まずます薄れる「マウンテン感」

まあ、ネパールのガネーシュ・ヒマール産とされる水晶だって、ガネーシュ・ヒマールという山のてっぺんで掘っているわけではなく、その「山域産」なので、情報が示す場所の標高が意外に低くても不思議ではないのかもしれませんが。

でも「ザギ」という山も、聖地の意味もわからないままなことに焦れて、そばにある「カイバル峠」とかザギという山があるとしたらその母体となるであろうスレイマン山脈の方で想像を膨らませていろいろ語ってみたのが前回

その中で
「もう一つは、同じ「標高175メートル」のページにある
「Zagi Mountain, Hameed Abad Kafoor Dheri, Peshawar, Khyber Pakhtunkhwa, Pakistan」。

今度の地名は Hameed Abad Kafoor Dheri……ですが、検索しても調べられず、「Hameed」だけならばペシャワール(ペシャーワル)から100キロ近く東の地点……スライマン山脈からは遠ざかります。」

と情報をメモしていたその場所がわかったので、さらにメモしてみます。

mindatのこちらに、やや内包物粗めながらザギマウンテンクォーツっぽい水晶が出ていて、その産地が
「Zagi Mountain, Hameed Abad Kafoor Dheri, Peshawar, Khyber Pakhtunkhwa, Pakistan」
リンク先のページの産地部分をクリックしてみると……地図が!

ペシャワールやイスラマバードや国境のラインを頼りに、これまでの地図に合わせてみると……
zagi4_20180625170004a40.jpg

なんか、全然違うぞ。
これまでは、ペシャワール近くの、ワルサック・ダム周辺(ピンクの四角内、左下に拡大図)でああでもないこうでもないと隅をつついていたのですが、今度は国境どころか、インダス側の東(オレンジの矢印)ですが?

それでいて、産地ラベルにPeshawarとか Khyberが入っているのはどういうこと?

水晶自体はザギマウンテンクォーツといわれたら、「うん、そのバリエーションっぽい」と頷いてしまいそう。
……以前、今見るとおおざっぱにスレイマン山脈産っぽいと思う水晶が「フンザ産」で売られていたこともあったけれど、やっぱり、こういう当たりの水晶は、産地があやふやになりがちなのだろうか?
(一方で、シガールやワジリスタンは石の特徴とラベルがかなり一致してる)

聖地といいながら場所がはっきりしないのはどうなのよ、と文句を言ってきましたが、鉱物系のデータベースでもよくわからないということは、ザギの場所あやふやの根は深そうです。




Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム