FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

レムリアンといわれたけれど

ルチル・レムリ

ミネラルショーで買ったルチル入りブラジル産水晶です。
ご覧の通りのルチル入り。
ちょうどたくさんルチルが入っている部分で割れているので、結晶の底部にルチルが敷き詰められているように見えます。

店の人は「レムリアンシード」といっていたけれど……。
確かに、ほんのりピンク~オレンジで、横筋付き。レムリアンシードらしいといえばらしいけれど、ブラジル産とわかるだけで、詳しい産地は全く不明。

ルチル・レムリ2

これがレムリアン・シードなら、ルチル入りレムリアンで、それはそれでうれしいけれど、ただのルチル入りでも十分綺麗。
私はレムリアンシードを見た目と産地で規定するので、ブラジル産というだけじゃ、レムリアンとは言えないなあ……残念ながら。

石を厳しく規定すれば、当たり前のことだけれどそれだけレムリアンといえる石は少なくなります。
しかも、自分では最終確認できない情報に基づいて(産地が明らかでもそれが正しいかはわからない)判断するので、レムリアン判定も微妙といえば微妙。

そんなに厳しく言わなくてもと思われそうですが、逆に「横筋があればレムリアン」というのもどうかと思います。
中には横筋そのものをレムリアンシードと思っているところもあるようで、「(柱面に)レムリアンシードが出ています」という、何じゃそりゃとつっこみたい変な説明も見かけます。
(注:水晶の柱面の横筋は成長線または条線。クリスタル用語ではときどきバーコード。レムリアン・シードのものはレムリアン・リッジと呼びます)

そのうえ、最近多くないですか、レムリアンと名前が付いていても「なぜレムリアンか」が全く明らかではないレムリアンが……。

ブラジル、カブラル山脈のレムリアンは、採掘状況(白い砂の中に何者かが並べたように埋まっていた……等)がヒーラー(K・ラファエル)にレムリアの遺跡を連想させたためでした。
ロシアン・レムリアンはキャサリン・クラコリーチェのリーディングによるものでした。
しかし、その後のレムリアンの多くはインスピレーションやリーディングという理由さえはっきりしないものが多いように思います。(私が知らないだけ?)

「横筋があればレムリアンシード」があるかと思えば、「レムリアンシードのビーズ」「レムリアンシードを割って中だけ取り出しました(←画像をみると、もともと結晶形だったとは思えない)」とか……。

じゃあ、自分でレムリアンという名前を無視したらいいじゃないか……。
そうなんですけど、こっちがそこに注目していなくても「これ、レムリアンなんですよ~」と説明して下さるお店が(ミネラルショーですら)多々。
そういうとき、
「なぜ、どうして、レムリアンなんですか?」
と突っ込んだら……無粋ですね……でも、ときどき聞き返したくなる誘惑と戦います。



Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム