FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

Golden Drops

先日、日蝕ブレスを作りましたが、一端活性化すると継続するのが「ものづくり症候群」
「この石も使ってみようかな~」
「この間はこれがうまくいかなかったんだよね~」
とビーズを手に取り、作り始めてしまいます。

「そうだ、これがあった」
取り出したのは、ちょっと訳ありビーズ。品質に何か傷があるわけではありません。

最近、「レモン・クォーツ」がお気に入りです。
淡い透明黄色の水晶ビーズで、シトリンよりもさわやかな、まさに「(淡い)レモン・イエロー」。
日蝕ブレスにも二粒使っています。

レモン・クォーツは、やや白濁したタイプと、透明なタイプがあって、できれば白濁タイプ希望。
白濁タイプは、たぶんスターか方向を問わない光の筋が出そうなものが多く、個人的に「イエロー・ジラソル」と言いたい感じなのです。


レモンイエローだからレモン・クォーツと呼ばれているのですが、実はレモン・クォーツにはもう一つ……原石好きの立場から言えば、こちらこそ本家レモン・クォーツだろうと言いたいものがあります。

ご存じ、硫黄内包のレモン・クォーツです。

こちらの方が古くから知られていて、レモン・クォーツで調べると硫黄入りレモンがヒットします。
ビーズで「レモン色・クォーツ」を仕入れて、説明を書くために「レモン・クォーツ」で検索したら「硫黄入りレモン・クォーツ」がヒットした。
……というわけで、硫黄入りではないのに、呼び名が同じということで間違った説明が付けられたレモンクオーツをたくさん見かけます。ご注意を。
見分け方は簡単。

硫黄入りは、その通り硫黄を内包しているので、完全透明にはなりません
たとえて言えば果肉入りレモン・ジュース。もやもやしたような硫黄のインクルージョンが見えます。
ですから、(白濁していても)もやもやのない透明なものは、レモン色・クォーツ。
硫黄入りレモン・クォーツは、ビーズにするほどたくさん産出するとは聞きません。


さて、「レモン色」の方のレモン・クォーツですが、このビーズ、妙にお高い。
ラリマーなどの人気レア石に比べれば、安いですけれど、水晶系としては高い方。
気軽に連では買えません。
産出が少ないのか、加熱なり放射線照射なりの加工を施しているのか、詳細は不明です。
でも淡い色合いと絶妙な透明感は捨てがたい。
レモン・クォーツとして買えば高いけれど、どこかで何か別の名前で安く売られてないだろうか。

そんなことで探していたら、別のビーズを見つけました。


……スモーキー・クォーツです。
でも、明らかに黄色い。

スモーキー・シトリン……といいたい感じですが、実物はさらに黄色く……緑がかってもいるようで、むしろ「オーロ・ベルディ」とさえ呼びたい感じなのです。

なのになぜスモーキーと言い張るかと言うと、スモーキーの連に混じっていたから。普通にスモーキーの色合いのビーズの中で、これだけが違う色だったのです。

何とも言えない深みのある色合い、角張っているような丸いような変なカット(磨き)。
大きさは幅2センチ、長さ1.5センチほどと大きめ。

このボリュームをどうするか……。

ゴールデン・ドロップ

こうなりました。
ビーズの間に小さな真鍮色のビーズを挟みビーズの間隔をあけることで、大きなビーズでも重苦しく見えなくなります。
日蝕ブレスにも使った繊細な透かしパーツで軽やかさをアップ。

インパクトのある色合いですが、そのままではややぼやけるので、黒いビーズで引き締めます。
手前のカットが入った黒いビーズがショール、脇の小さめふたつぶがテクタイト、奥の方でごちゃごちゃ固まっているのがテクタイト(原石ビーズ)です。

テクタイトの原石ビーズは、私の趣味(テクタイト♪)と、黒に、スモーキー・シトリンに負けないボリュームを持たせるため。

ショールが直径1センチですから、全体のボリュームは推して知るべし。

たっぷりと「夜を含んだ金色」とでも言いましょうか。
何とも言えない豊かな色合いを、心おきなく楽しむブレスになりました。


Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム