FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

本当に少ないか?

シトリン玉

天然シトリンの丸玉です。
白背景で撮るとこんな感じ。見た目はこんな感じの色合いです。
黒背景だとこんな感じ。

シトリン玉

内部のミストの感じが良くわかるでしょうか。


「天然のシトリンは少ない(まず見かけない)」
「シトリンのほとんどはアメジスト(またはスモーキー)を加熱したもの)」
……という説明をよく見ます。
(※この場合の「天然」は、加熱などの加工をしていない「未加工シトリン」の意味です)

私も別館サイトのシトリンのコーナー「天然のシトリンは少ない」と書いてますが、ネットで見かけるような「滅多にない」「シトリンはほとんど全てアメジストの加熱」というほど少ないとは思いません。

アメジストやスモーキーに比べれば圧倒的に少ないけれど、少ないなりにあることはある。

だからといって「天然シトリンは希少」という説明を「間違いだ」と言うつもりはありません。
いろんな説明がありますが、いったいそれはどういう分野(範囲)のことかが問題なのです。

もちろん、私は原石……磨きも含む「ビーズ以外の分野」での話をします。
原石を追いかけ、ミネラルショーにも出入りすると、天然シトリンは少ないなりにあると言いたくなります。

それも加工ではないのかといわれるかもしれませんが、、売られている値段、種々雑多な石の中に紛れ込んでいるものもある、一つ一つの色がかなり違う、意外に渋い色が多い……そういう状態を見ていると、加工ばかりとは思えません。

加工するからには一つ二つでなくまとめて加工されます。
だったらやはりまとめて取引されて、ミネラルショーなどではまとめて並ぶでしょう。
一品ものとしての扱いではなく、いろんなものがごちゃ混ぜに並ぶ状態では、加工ものと未加工ものが混ざることは少ないです。
鉱物ショップが集まるミネラルショーでは、そのお店の人がたまたま知らなくても、どこかのお店の人が「あれは加工」という情報を持ってます。
そんなこんなで「これは天然でしょう」と判断できるものが、確かにある。

それも一時期のアホーアイト入り水晶のように、例えミネラルショーでも会場に一つあるかないかというレベルの希少さではなくて(最近は新たな採掘があったらしく数が増えました)、どの店にもあると言うものではないけれど、探せば確実にある。

よって、天然シトリン、あるでしょう。(アメジストやスモーキーよりは少ないけど)

ネットショップを見てみても、実物を見るのに比べて判断は微妙になるのは確かですが、磨きのポイントなど、「天然と見ていいんじゃないかな」と思えるものはあります。

また、天然のシトリンは渋い色合いのものや、スモーキーと区別は付かないものがあります。
今回の写真の石も、黄色とは言いかねるような色合いですが、他と比べで場明らかにに黄色い。

たとえば

のような色あいを単独で見ると「スモーキー?」と思うかもしれませんが、スタンダードなスモーキーと比べると、黄色みがあることがわかるものがあります(スモーキー・シトリン)。


このような見極めの難しさもあって、シトリンはますます少なく見られているのではないでしょうか。


一方、ビーズとなると天然のシトリンは一気に「希少」になります。
最近は「天然シトリン」をうたった、渋い色合いのビーズも見るようになりましたが、これが本当に天然(未加工)の色なのかどうかは、判断を付けかねます。
原石であれば、産地やその店の品揃え、石そのもののようす(根本の色合いなど)を状況証拠として
「天然といえるだろう」という判断ができる場合もありますが、ビーズではそのような判断が不可能です。

また、天然のシトリンは確かにあるけれど、それをビーズに加工するとなると問題もあります。
「もったいない」……というのもありますが、最近はけっこうレアな石でもビーズにされてしまうので、少ないからビーズにならないとは言い切れません。

しかし、ビーズは基本的に見た目勝負のもの。
原石ではきれいな淡いシトリン(シャンパン・シトリン)でも小さなビーズにすると色合いはほとんど見えなくなってしまいます。
写真のような渋い色合いのシトリンは、小さくするとさらにスモーキーっぽく見えてしまうのではないでしょうか。
さらに、天然シトリンは原石を見る限りけっこう色の差があります。
スモーキーも色の差が大きく、そのために放射線で色を変え、色をそろえたスモーキーが多いと聞きます。
天然シトリンもビーズで色味をそろえるのに加工する必要があるなら、アメジストを加熱した方が華やかな黄色が手に入ります。

つまり天然シトリンが確かにあったとしても、ビーズになるのは難しいということ。

私はどんなにレアなビーズと言っても、ビーズになる時点で原石の「レア」よりは産出量が多いと考えます。

「レア」「少ない」「加工や偽物がある」そのような説明は、それが原石の話なのか、ビーズの話なのか、注意して聞く必要があります。

Comment

Secret

No title

そうなんです。シトリンとスモーキー、何を持って区別しているのか私には明確にわからなくて・・・。
それに「貴重・少ない・殆どまがい物」がすり込まれてしまったせいか、逆に本当のシトリンを逃してしまっているのでは?と思ったりします。淡い色合いの磨きポイントや、剣先、どう見ても透明とは違うカテドラル風の石などがありまして「・・・これも嘘なのかなぁ?」と考え込んでいます。相手が自然ですから、線引きはなかなか・・・ですね。

No title

tomokoさん

スモーキーとシトリンの違いはやっぱり色でしょう。

あるお店で、みんなが口をそろえて「スモーキーでしょう!?」と言う「シトリン」があったんです。
「いつもちゃんと名前を付けてくれるお店なのにどうして?」
……と、その「シトリン」とスモーキーを並べてライトに透かしてみたら、「シトリン」はやっぱり黄色い。
黄色みのある茶色といった感じで、なるほどシトリンだと納得したことがあります。

シトリンの色合いはか~な~り広いので、微妙ですが、
柱面がちゃんとある結晶だと天然の可能性は高くなるように思います。
ただ、黄緑っぽい色味のものは原石でも注意した方がいいかもしれません。

逆に、スモーキーの色味を覚えるか、スタンダードなスモーキーのポイントを持ち歩いて色味を比べるといいかも。シトリンは確かに黄色いまたは赤いです。

No title

ご指南ありがとうございます。
まさに「これがシトリン?ダージリンよりアッサムという感じの色ですけど??いえ、むしろコーヒー・・・」というのありますよね。とすると、自分で「好み」だと思っていたスモーキーの色合いは濃いシトリンなのかも?その微妙な「黄」を感じ取れるかどうかはやはり経験なんですね。
「柱面のある結晶」に注目と実際に持ち歩いて比べる。早速実践してみます(^^)
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム