INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

池袋戦利品

ミネラルショーときたら戦利品!
……なのに、なぜでしょう。6月の新宿ショーも10月のIMAGE展も12月の池袋も、戦利品だ!写真だ!というときに限って天気がいまいち。
それでもチャレンジしてみました。

いくつか撮った中でなんとかきれいに撮れたトップバッターは。

日之影町

国産!

国産であるということもポイントなんですが、それより何よりこの形。
メインの結晶の根本を小結晶が取り巻く、キャンドル……でなくスプレー・クォーツといいたい水晶が二つ、根本でくっついたような形。

一応、DT(両錐)……ではあるんですが、くっついているところはくびれてるし、変なところでくっついて宙に浮いたみたいになってるし。

日之影町2

いろいろへんてこで素敵すぎ。
その上、お値段500円でいっそお見事。

最初はスプレー・クォーツ式の水晶が片方だけの石を見つけて手に取ったのですが、超へんてこDT(両錐)のこれを見つけて、即座にターゲット変更!
これを見逃すわけにはいきません。

追記:向かって右側の結晶に付着しているものはフォイト電気石だそうです。

ラベルなしで見せられたら、アゼルバイジャン産?と答えてしまうかも。
こちらこちらの水晶と似ていると思いませんか?
アゼルバイジャンにも、今回の宮崎産のようにスプレー・クォーツが根本でくっついたものがあります。

「アゼルバイジャン産みたい~!」
と騒いでいたら、お店の人も
「似てますよね~」
と同意してくださいました。

ルーマニア産と青森の尾太産が似ていたり、マダガスカル産でしょう!と言いたいキャンドルがアメリカ産だったり、
いろいろそっくりさんがありますが、これもそっくり。

こういう個性的な水晶は、特異な環境で突然変異的にできたものだと思っていたんですが、離れた場所でそっくり水晶が出るということは、こんなへんてこな形に成長する環境(条件)がちゃんとあるということ?
それはそれで不思議……。
水晶をこんな形にしてしまう、その環境(条件)とはどんなものなんでしょう。

そういえばこの形、ダルネゴルスクのこれにも似ている。
先日紹介したようにダルネゴルスクにはスカルンの環境があるようなので、これもスカルン?
(ダルネゴルスク全体がスカルンとは限らないので想像ですが)


Comment

Secret

No title

こんばんは。
ああ、やはり!です。これ、実は初日に何度も手に取りました。悩むお値段ではなかったけど他にいくつかどうしようと思い、全く別のものに落ち着いてしまいました;でも思っていたのは「あ、KUROさんだったら気に入りそう」でした。私が買っていたら辺境ブログで少数の人にしか見てもらえなかったこの石。やっぱり石は主を選ぶのだわ。と感じてしまいました(^^)
でも自分が手に取ってみた石を選んでもらえてこんなに綺麗な写真になってとても嬉しい気分ですv

No title

tomokoさん

こ、好みがバレている……!
はい、とてもへんてこで気に入りました。

ところで……tomokoさんがブログのショーレポ2で掲載している、水晶やガーネットがいろいろ付いた石、芯がショールではありませんか?
そして3階で売ってませんでしたか?
均一値段で皿の中にあった石では?

とても見覚えがあるんですけど……。

No title

おはようございます
わっご覧いただき恐悦至極です<(_ _)>
あれは2階のアフガンブラザースでした。
3階のパキ店も掘りました~確かに似た感じのが沢山あった気がします。でも芯はショールではなくタダの白い・・・なんだろ?(ああ勉強不足(T_T)と、水晶の入り交じりにトルマリンがところどころですね。
でも色合いとにょきにょき具合が気に入りました。
写真を撮る前にあれこれ眺めながら本やネットと比べて観察週間実施中です。

No title

プロペラみたいな形ですね。
子どものころ作った模型飛行機を思い出しました。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム