INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

フェイクを買う その2

またもやフェイクな石ビーズを見つけちゃいました。
買ったのは前と同じ店

いや~、あるんだなあ、こういうフェイクなビーズ!
ある意味おもしろい……というか、今までそんなに見かけなかったように思うんですけど、たまたま私が出入りする店では出会わなかっただけ?
石ビーズといってもほぼ雑貨店から、ビーズの卸っぽい店、鉱物と共存店などいろいろで、所によっては予想以上にフェイクが多いとか……?

とにかく、見つけちゃったのはこのビーズ。
人工マラカイト
人工マラカイト。
マラカイトでフェイクがあるのか、と逆に感心しました。

実はブレスにマラカイトを使ったことがないので、マラカイトのビーズを持ってないんですが、一応磨きのマラカイトパーツを並べてみます。
人工マラカイト マラカイトドーナツ

違いは、
(1)縞模様が粗くて均一すぎる
(2)やや色が浅く(色の濃い淡いの差が少ない)、わずかに青っぽい
(3)つや消し
(4)軽い
(5)手ざわりが違う


順番に説明します。
(1)縞模様が粗くて均一すぎ
これは、実際にマラカイトのビーズを連で見てみるとわかるんですが、たいてい粒によって縞模様の入っている方向がバラバラです。
ものすごく細かい縞模様の所もあれば間隔が開いているところもあり、複数の粒があって全部同じ方向、同じような縞の幅ということは滅多にありません。

マラカイトドーナツ2
このように一つの縞の中がグラデーションになっていたり、 縞模様も真っすぐではありません。

これに比べると「人工マラカイト」の縞模様が粗くて均一で安っぽく見えることがわかります。

(2)やや色が浅く(色の濃い淡いの差が少ない)、わずかに青っぽい
これも上の二つの写真を見比べてください。なるべく実物に近いように調整してあります。
どちらも言葉で説明すれば緑で縞々ですが、ドーナツ型の本物マラカイトの方は、濃い緑からパステルグリーンに近い色調があり、濃淡の幅が広いです。
それに比べると「人工マラカイト」は濃い薄いの色の差がさほど大きくありませんし、濃淡二色しか見られません。
色合いもわずかに青みがかった緑です。

(3)つや消し
これは、天然マラカイトであっても磨き方やしばらく身に着けることで表面が荒れるとつや消しになる場合があるので、参考までに。

つや消し……というか、「人工マラカイト」はきめが粗くて粉っぽい感じの質感に思えます。

おそらく何らかの粉を練って作ったのではないかと思われます。
以前に話題に出した練りターコイズもそうですが、人工的に粉末を練って作ったフェイクは、粉っぽいつや消しのテクスチャーをしていることが多いようです。
そして……たぶん、マラカイトの粉末を使ったわけではないでしょう。

(4)軽い
マラカイトは銅の鉱物なので、見かけよりもずっしり重いです。
それに比べて「人工マラカイト」は軽いです。
マラカイトの粉末から作った練りだったら、もうちょっと重くなりそうな気がするので、マラカイトの粉末さえ使ってないのではないかと考えた次第。使っているとしたら「つなぎ」がかなり多いのでしょう。

(5)手ざわりが違う
軽いのに加えて、手ざわりが何となくプラスチックっぽい。
石の手ざわりではありません。

……以前「アマゾナイトカラー・ビーズ」と表示されたプラスチック・ビーズを見たことがあります。
それは手芸店のプラスチックビーズコーナーでした。
「アマゾナイトカラーって……」
石好きさんにはわかるだろうけれど、それ以外の手芸好きさんにはわかりにくいネーミングだなあ……とびっくりしましたが、たぶん誰が見てもこれを「アマゾナイトの偽物!」とは言わないでしょう。
(注:色はそれらしいパステルブルー・グリーンでした)

今回の「人工マラカイト」も、そういう手芸店で「マラカイト風グリーン・ビーズ」とか、そんな名前で売られていたら、「ふーん」とか「ちょっとかわいい」くらいですまされていたでしょう。

私としては「えっ、本物? フェイク?」と迷うほど似てないと思いますし、売っている店が一応天然石ビーズコーナーだったために、「人工か……」と白い目で見られてしまったかわいそうなビーズに思えてきました。


もう一つ。

練りクリソコラ
練りクリソコラ

こっちは、人工マラカイトに比べて、実物クリソコラ(ビーズ)に似ています。
こうやって写真に撮ると、さらに似て見えてしまって「ヤだなあ……」という感じ。

でも、実物を見せられたら(一つではなく複数個で)、さすがに「?」と思うでしょう。
正直言うと「練りクリソコラ」なんてものがあると知らなかったので、「染め?」「何か変」という「?」だったかもしれません。
とにもかくにも、「練り」と明記されたこれを見たので、次からはちゃんとフェイクを疑います。

マラカイトの方が「人工」で、こっちが「練り」。その違いは何だ……?というのも気にあるところではあるのですが、この石の変なところはずばり「混ざりすぎ」かも。

先ほど実物クリソコラ(ビーズ)と、わざわざ(ビーズ)と付けましたが、この練りクリソコラが何に似ているかと言えば、原石ではなくビーズで見られる「クリソコラ」だからです。

先日来話題に出ているように、クリソコラはわずかに緑がかった水色の石。
ところがビーズの場合はその色「だけ」のものはほとんど無くて、緑(多分マラカイト?)や茶色(母岩)と混じった状態です。
このビーズも茶色(黒っぽく見えてます)や緑、水色~青の色合いが混じってます。

どっちも混じりビーズなので、困ったことに似て見えます。

練り系のフェイク・ビーズは粉末を樹脂で練るらしく、樹脂っぽい手ざわりが特徴でもあるんですが、困ったことに天然のクリソコラは、そのままではもろいため樹脂を染みこませて強化してます。
そのため、表面のツヤ、手ざわりも似てきます。

しか~し。

やっぱり違うぞ、練り!

私がここが違うぞと思った点は、
(1)嫌~な感じに微妙にハデ
(2)茶色い部分まで同じ質感
(3)全部が同じざらざら


(1)嫌~な感じに微妙にハデ
全体的には派手なビーズではありません。そこが逆にリアルっぽくって迷惑なんですが。
ただ、じっくり見ると混ざってる青緑の部分の色合いとか、ちょっろっと混じる黄緑っぽい部分とかが妙に生々しくて、嫌な感じにハデ。
これは、見慣れないと判別は難しいかも……

(2)茶色い部分まで同じ質感
(3)全部が同じざらざら

これは一緒に説明します。

ビーズのクリソコラに混じる茶色い部分は母岩です。
つまり、クリソコラとは別の石。
ですから、連全部の粒をチェックすると、茶色と水色の間にわずかな隙間や段差があったり、クリソコラ部分はなめらかなのに、茶色部分はざらざらしていたり、似ている粒もあるかもしれないけれど、必ず質感が違う茶色が混じるはずなのです。
たとえばフェイクが多いターコイズも、母岩(マトリクス)の部分とターコイズの部分の質感の違いがチェックポイントの一つであると言います。
何しろ他の石なので、硬さも微妙に違うことがあり、同じように削ると削れ方が違ってくるのだそうです。

しかるに「練りクリソコラ」は一見混じっているように見えるけれど、青い部分も緑の部分も茶色~黒の部分も同じ質感、境目なし。すべての粒がそんな感じ。
異なる石が混じったのではなく、同じ素材の色違いが錬られた感じなのです。

また、茶色以外の部分を見てみても、本物クリソコラならばざらざらして見える部分もあるけれど、密でかっちりした質感の部分も混じります。
連全体で見れば絶対そういう部分があるはずです。
それが、「練り」にはなくて、全部が同じざらざらとした粒の固まりのような感じ。

アズマラ
逆に練りの「アズライト・マラカイト(アズマラカイト)」は質感が違いすぎ、混ざり方がおおざっぱすぎです。
ご覧のように青い部分は細かい粒々が錬られた感じですが、緑のマラカイト部分はかっちりくっきり四角い破片状。縞模様も見えていますが、隣り合った破片同士縞模様がつながっているようではありません。
おまけに破片の大きさ、散らばりかたが明らかに嘘っぽく揃っています。
そんな混ざり方は、天然ではあり得ない



さて、今、欲しいフェイク・ビーズは「スギライト」
チャロアイトと言った方がまだしも似ているぞ、といいたいあやしげな石です。
最近、この「なんちゃってスギライト」の正体がサーペンティンだとわかったので、じっくり見てみたいし、色落ちも試してみたい。
「人工マラカイト」を見つけたとき、別の店で粒売りのなんちゃってスギライトを見かけたんですが、フェイクのくせに一粒600円以上していて唖然としました。
(参考:海外サイト:http://www.hetties.co.nz/shop/page.php?page=20)


素人には石の真贋を見分けるのは難しい…………という意見がありますが、私は「専門家」でなければ……専門的な技術や知識がなければ見分けられないとわけではないと思ってます。

「見分けられない」というのは、多分に「知らないから」です。

二つを並べて「こことここがこう違う」と指摘されれば、たいてい「なるほど」と区別が付けられます。
その程度の判別眼で、ある程度のフェイクをはじくことができます。

大切なのは、偽物の存在と「見分けるポイント」「どう違うか」をいかに知るかということ。
こればかりは情報収集と慣れしかないです。
私も、こうやって機会があればフェイクを買ってさわりまくり、その違いを身に染みこませようとしてます。

知らないというのは、たまたま情報に接する機会がなかったと言うだけで、仕方がないことなんですが、フェイクがあるとわかってもその見分け方がわからないために、むやみに「これは?」と自分の石を疑ってしまうのは悲しいので、とにかく自分なりに見分け方を発信中。
こういう情報が、役に立てばよいのですが……。

Comment

Secret

No title

非常にためになります。
先日から青すぎるクリソコラとか疑問ばかりだったのですが、少しずつ晴れてきました。
ありがとうございます!!

いつも楽しみに読んでます
石に対する立ち位置と言うんでしょうか?
とても好感が持てます

Re: No title

お役に立てばうれしいです。
意外にこういう情報って探しても見つけにくいんですよね……。
どこかにはあるんでしょうけど。

Re: タイトルなし

ありがとうございます!

鉱物の方面からはパワーストーンと言われ、パワーストーンの方からは鉱物と言われちゃうこともありますが、どっちも石なんですよね……。

ありがとうございます

はじめまして。
コラージュを楽しんでいる者です。
家に、さざれ石と呼ぶのもおこがましいような石くずがありまして、何なのか自分なりに調べていたのですがもうひとつ納得できずにいたのです。
偶然こちらに流れ着いて、マラカイトであることが確認できました。
ありがとうございました。
ちなみに、この石は小袋に入れてスクラップブッキング風のカード作りに利用します。
近々ブログで紹介しますのでよかったら見に来てくださいね。

ためになりました

数年前から時々訪問させていただいております。
石に関する疑問が沸くとこちらのサイトで確認してとても参考になります。
今回はフェイクの石を敢えて購入し研究するという自らが被験者となり体験する姿勢がとても印象的でした。
また訪問させていただきます。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム