INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

パリパリ・ファーデン

ファーデン・クォーツが(も)好きです。
なんたって、とっても変な形をしています。

たいてい平べったい板状で、真ん中に白い筋が入るのが特徴と説明されるこの石、ファーデンとはドイツ語で「糸」と言う意味で……(英語だと「ファイバー」だろうか)……というけれど、水晶内部に白い筋状のものが入っていればすべてファーデンというわけではありません。

ファーデンは、この「筋」を中心に両側へと結晶が成長したと思われる、実は育ち方からして、おもしろすぎる水晶なのです。

ベースがすでに「変」なので、そこにひねりが加わると、さらに「変」
変な水晶好き心を強打します。

……というわけで最近私の「変」のツボを強打した石がこれ。
パリパリ・ファーデン2

「白い筋が見えない……ファーデン?」
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、私はこれをファーデンと見ます。

先に述べたように、「ファーデン」の名前は水晶内の白い筋から来ていますが、実は育ち方が関係している「変水晶」。
よって見た目から付けられた名前であっても、その見た目を作り出した育ち方をした水晶をファーデンと呼ぶべきで、白いラインが見えるファーデンと同じ育ち方をした(と思われる)水晶であれば、ファーデン・ラインが見える見えないにかかわらず、ファーデンである……と思うからです。

写真の石は白い筋(ファーデン・ライン)を別にすれば、産地も、形状もファーデン。
なのになぜラインが見えないか。

ファーデンラインが見えない石はたまにあって、たとえば
○緑泥がぎっしり入りすぎた
○ファーデン・ライン(結晶の芯みたいなもの)を中心に立体的に結晶が成長している
というものがあります。

でも、写真の石は違います……。アップで見てみます。

パリパリ・ファーデン1

内部にぎっしりクラック!
こんなにクラック(もちろん天然)が入った水晶を……しかもファーデンをみたことありません!
いったいどうしてこんなコトになったんだろう!

しかも特筆すべきはこういう石は、これ一つではなくいくつかあったことです。
それはすなわち、ファーデン内部をクラックだらけにする環境があったということ。

おもしろい!

ところで、ファーデンは内部に白い筋が見えるのが特徴の、この筋を中心に結晶が成長したと思われる水晶そのもののことです。
白い筋自体はファーデン・ラインと呼びます。

ところが、ちょうどレムリアンシードの特徴である結晶側面の横筋をレムリアンシードと言ってしまう変な間違いと同じように、この白い筋=ファーデンと解釈しているところがあるようす。

「内部にファーデンが見えます」

……という説明をちょくちょく見つけます。
「ファーデン・ラインが見えます」……ならばいいんですけど、ファーデンと略してしまうとちょっと違う。

……で、「側面にレムリアンシードが見えます」(注・正しくはレムリアン・リッジが見えます)
「内部にファーデンが見えています」「(注;正しくは内部にファーデン・ラインが見えています)
という間違い説明をしているところでは、同時にレムリアンシードと呼ばない石をレムリアンシードとして売っていたり、ファーデンではない石を、中に白い筋状のミストが見えるからと言ってファーデンと呼んでいるような、石自体を間違っているところが多いように思われます。

名前が何をあらわしているのか、しっかり理解することが大切だと思います。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム