INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

オブジェ

オブジェ

「何だこれは」といいたい感じですが、おなじみトルマリン&水晶です。
トルマリンの上に、なぜかタビュラー(平べったい)な水晶が、妙な感じにくっついています。

水晶にはあまり透明感はなくて、どことなく灰色にくすんでいるようにも見えます。

だけど。
オブジェ2

実は、トルマリンは黒ではなくて
インディコライトといえるかどうかはちょっときびしいけれど、青いのです。
水晶にも同じトルマリンが、くっつき&一部は内包されてます。

青いトルマリンが内包されているとなれば、青水晶になってもおかしくないのに、この水晶は残念、青くないです。
青く色づくほど、トルマリンが入ってません。

あ、ここで機会を捉えてしつこく叫びます。
青トルマリン(インディゴライト)入り水晶は、
青ルチル(藍ルチル)とは呼びません!


トルマリン(電気石)はトルマリン。
ルチル(金紅石)はルチル。
ルチルが入っているからルチル入り水晶。
単純にして明快!

「トルマリン入りをルチルと呼びます」などという説明は、どう考えたっておかしいです

中には「見分けるのが難しく、一つ一つ調べるわけにも行かないから、知名度の高いルチルの名前用いられるようになった」とちゃんと書いてある本もありますが、そこまで説明しておいてアクチノライト入りがグリーンルチル」とは情けない。
中に入っているのがルチルか否かわかりにくいのはあります。
だったらわかっているものだけでもちゃんと呼んで、内包物が判別できないのは「針入り水晶」と呼びましょう!

これは「正式には」とか「鉱物学でいうと」なんて但し書きが付く話じゃありません。
「餡が入っているからあんパンで、中がジャムだったらジャムパンだ」
という程度の、簡単な話です。

パンを割らずに中身を当てろといわれたらわからないかもしれないけれど、
「これは餡が入ったジャムパンです」
といわれたら変だと思うでしょう。
どこが専門的な話であるものか。

さて、話は戻って、写真の石。
残念ながら、青水晶ではないけれど、ちょっと色はくすんでいるけれど、このくっつきかたは秀逸。
2枚目の、トルマリンの色を写した写真でわかるように、トルマリンから「枝」が出て、水晶を支えているという芸の細かさ。

オブジェっぽく造形美を楽しみたい石です。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム