INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

相変わらずカオス

ちょっと用事があって、いつも行くビーズショップではなく、手芸店に行ったのですが。
まだまだ天然石…パワーストーンブームなので、当然石ビーズを置いてます。
そのコーナーが、カオス

モノクロ系縞瑪瑙が「ブラックサードオニキス」
赤縞瑪瑙が「レッドサードオニキス」
白と半透明の縞瑪瑙が「ホワイトサードオニキス」

そもそも、本来は黒地にすっきり白い縞の入ったアゲートが「オニキス」でした。
つまり、「オニキス」といえば白黒中心のモノクロ縞。

サードオニキスは、サード+オニキス、つまりオニキスの赤(茶色っぽい赤)バージョンという意味の名前なのです。

ですから、「ブラックサードオニキス」という名前は、
「モノクロ縞模様の赤バージョンの黒いの」
「レッドサードオニキス」は、
「赤い赤縞瑪瑙」……まるで「頭が頭痛」みたいな名前。
「ホワイトサードオニキス」に至っては
「白い赤縞瑪瑙」
という、奇妙奇天烈大笑いな呼び方になってしまうのです。

じゃあ、どう呼べばいいか?
簡単です。
モノクロ系縞瑪瑙はブラックサードオニキス
赤縞瑪瑙はレッドサードオニキス
白と半透明の縞瑪瑙はホワイトサードオニキスホワイトアゲート

「ブラックサードオニキス」なんて札を付けると、実は石の名前をちゃんと知らないと白状しているも同然です。

カーネリアンは、深みのある赤のカルセドニーのことです。
しかし、天然で深い赤は意外に少ないので、加熱で赤くしたり、染めて真っ赤にしたものが売られています。
これは、安く大量に出回る必要があるビーズとしては、仕方がないとも言えるのですが……問題はその表示。

カーネリアンは「赤」だというのにクリーム色~オレンジ色のビーズがカーネリアン。
それだけでも「やだねえ……」とぼやきたいところですが、なんと。

8ミリがカーネリアン表示なのに、お隣6ミリは「赤メノウ」表示。
もちろん、誰がどう見ても同じ種類のサイズ違いです。
さらに隣の札は「あ、染めだな」と思える均一真っ赤なビーズが「赤メノウ」

瑪瑙(アゲート)といったら、縞模様などがあるはずなのに、見た目真っ赤で縞模様がなければアゲートではなくカルセドニーでは? と思いませんか。
……調べてみたら、染めて赤くしたものはインボイス(請求書)にカーネリアンと記載することが出来ないので、レッドアゲート(赤瑪瑙)と書かれるのだそうです。(参考サイト)

だとしたら、クリーム色~オレンジの色むらのあるビーズを、「赤メノウ」としたら、何重もの意味でおかしいのでは?

ジャスパーならぬ「ジャパー」なんて札があるし、チェリー・クォーツはさすがにガラス表示でしたが、かなりくすんだ色合いでお世辞にもかわいい異色合いとは言いかねるアフリカンストロベリーが堂々の「ストロベリー・クォーツ」表示。
緑の繊維状内包物入り水晶が「エピドート」。(百歩譲って緑の繊維状のものがエピドートだったとしても「エピドート入り水晶」であるべき)
あ、ブラックトルマリン入りの水晶がサイズによって「ブラック・クォーツ」「ブラックルチル」表記になっていました。

……手芸店とはいえ、もちろんパワーストーンとして石を楽しむ人も買いに来ることでしょう。
そこでご注意。
このようにカオス名表示はあちこちで見られるので、お店の名前表示をするっと信じてしまうのはちょっとお待ちを。
石の名前が間違っていては困る。という気持ちならば、一度は検索して調べてみることをおすすめします。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム