INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

実は仲良し

パワーストーンにつきものの「意味」
自分がそれに興味がないからといって頭から否定する気はさらさらありませんが、「石を楽しめない」意味やうわさ話には、どうしても反論したくなります。

まあ、普通は石の意味というのは良い話ばかりのはずなんですが、ことうわさ話となるとその反動のように「~しない方がよい」「~してはいけない」「~しないと、~ことになる」とタブーに言及するものが多く、不思議なことにそういうマイナス方向への説明を気にする人が多いのです。
誰だって「心配な点」は気になるかもしれませんが、そればかり気にして振り回されていては、楽しくないじゃありませんか。
石を持って楽しくないことが増えてしまったのでは本末転倒しまくってます。

ということで、ひとこと言いたい……それは、ガーネット

なんでもガーネットは他の石と一緒に持つと焼き餅を焼くそうで、単独使用推奨なんだそうですよ。
そのために「他の石と一緒にすると効力がなくなってしまう?」と心配する人もいます。

なぜなんでしょうねえ……。
パワーストーンの意味に理由を求めるのは野暮かもしれませんが、楽しめないうわさ話は困ったものです。

野暮と知りつつ言いたいです。
自然界ではいろんな石と一緒に仲良くしてるガーネットが、なぜ焼き餅焼きなんでしょう?

いっしょ

パキスタン産のガーネット付き水晶です。よく見ると長石も一緒です。裏側にはショール(黒トルマリン)も付いてます。
この通りガーネットと水晶が仲良くいっしょ。
このほか雲母やアクアマリンとも仲良しです。
ダイオプサイトなどとも一緒になります。

エクロジャイト2
こちらのエクロジャイトなどは、2種類のガーネットとオンファス輝石が混じった石。ちょっと大げさに言うとガーネットと翡翠のコラボ石。

そもそもガーネットといっても成分によっていろいろな種類に分けられていて、実は「ガーネット族(グループ)」と呼ばれるくらいなのです。
しかも、種類の異なるガーネットが混じることもあり、中間種が色々あるというややこしさ。
くわしくはこちら
それが、ガーネットというだけで、一族郎党そろって焼き餅焼きだというのでしょうか?

たとえば、mixiである人がおっしゃっていたように、ガーネットの意味に「忠実、貞操、信頼」などがあり、それ故の副作用のようなものではないか……(つまり持ち主に対して一途、他人(石)には目もくれず、ということ?)と考え、ならばガーネットとは一対一でじっくり向き合ってみようか……と前向きに考えるなら、なるほどです。
しかし、なぜだかわからないけど、他の石と一緒にしてはいけないといわれて不安、どうしよう……では、ちょっと悲しいです。

不安になるようだったら、ガーネットを持たないか、言われたとおりに単独使用か、さもなければ
「ガーネットって言っても色々あるじゃん、自然界ではいろんな石と一緒じゃん、だから大丈夫!」
……と開き直るか、3つに一つ。


しかし、ガーネットの単独使用推奨が絶対的なものならば、世にガーネットが混じったブレスは売られていないはずなんですが、単独使用でないブレス、いろいろありますよねえ……。
有名・人気のショップのブレスでも見かけます。
いったいこれをどう見ますか?
全部、決まりを守っていないインチキ・ブレスなんでしょうか。
ガーネットを他の石と一緒にすると効果がなくなる……だったら、わざわざ効果をなくすような組み合わせのブレスを作ってるんでしょうか。
そんなことを言ったら笑われそうです。

「~してはいけない」といううわさ話に、「ええっ!?」と心配してしまう前に、冷静に辺りを見回してみましょう。
それが、本当にタブーなら、パワーストーンの本やショップの説明には必ず注意書きされていて、タブーに反する製品はまったく売られてないはずです。
何より、こんなことを書いてる私にも、何らかの影響が出てるはずです。

何らかの影響があったのならば、私がネタにしないはずがない!(断言)

なぜ、くどくどこんなことを言うかというと、「~してはいけない」という話を聞いた、ただそれだけで不安や心配になるというのは、自分の石を理由もなく一方的に疑うことだからです。

石は楽しむもの。なのに疑っていては楽しめません。

パワーストーンとして、ラッキーを期待し、願いを託そうとするものに疑いを向けて、どんな効果があるというのでしょう。
ちょっと考えてみて欲しいです。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム