INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

「なるほど」の重要性

先だってのIMAGE展での戦利品です。
いろいろ見て回っていたら、見慣れない名前を見つけました。
石の名前というのは、次々新しいものが付けられるので、見慣れない名前も珍しくはないんですが、その名前はちょっと興味を引きました。

「クォーツ・イン・オパール・カルセドニー」

……???
オパールカルセドニー? 何じゃそりゃ。
確かにどちらも水晶(石英)の仲間で、成分は二酸化珪素だけれど、クォーツならばがっちり結晶した大きな塊、カルセドニーならミクロの結晶のあつまったもの、オパールは結晶していなくて二酸化珪素のミクロな粒々があつまったもの。……場合によっては長い年月の内にオパールがカルセドニー化するという話もどっかで読んだような気がするけれど、とりあえず、クォーツとカルセドニーとオパールは構造が違うのです。

それが……どうなっているって?

覗いてみると、こんな石(ルース)でした。

オパールカルセドニー2

一見、水晶(石英)のクラックに鉄分が染みこんだような石。
お店の人に聞いてみると、「オパールカルセドニー」ではなくて(これは私の見間違い)「オパールカルセドニー」、つまり水晶(石英)のクラックに、カルセドニーやオパールが染みこんでいる。
一応鑑別に出したら、そういう結果が出た
とのことでした。

ふむ。

この赤い色合いは鉄系でしょう。
水晶(石英)に染料は染みこみませんが、ひびを入れて底に染料を染みこませて、色を付けることはできます。
同じことが天然でもおこることがあるのです。
たとえば、こういうの。

ひびレッド ひびイエロー

ビーズは、レッド・リーフクォーツと呼ばれているのを見かけたことがあります。

レッドリーフ

赤も黄色も鉄分による色だと言われていますが、これをカルセドニーとか、オパールとか言っているのは聞いたことがないけれど……どれどれ。

こんなことを言ってると、素人のくせに専門家の鑑別結果を信じないのかと言われそうですが……。
疑っているわけではないですけど、私としては鑑別結果でそういってるんだからそうなんだろう、で済ませる気にはなりません。

ここで、専門家のお言葉だから、「これはクォーツ・イン・オパールカルセドニー」……で終わらせてしまうと、もし別のところ……鑑別に出さなかった店が単にレッドクォーツとか、名前も付けずに売っていた場合、私はそれを見分けることができません。

疑っていると言うより、せっかく専門家が見慣れぬ判断を下した石なんだから、この機会にその特徴を見極め、次は、自分で見分けてみたい。
専門家はどうして、どんな特徴を捉えてカルセドニーやオパールと見極めたのか、そこに迫ってみたい。

100%の判別は無理でも、せめて50%。そのうち80%。

資料に一つ買うことに決めて、まず、あ、これは綺麗だと選んだのは透明な中に赤だけが散っているルースでした。
しかし、資料なんだからなるべくスタンダードな特徴が出ているものがいいでしょう。
その場にあったルースを眺めると、赤とともに不透明白も入り込んでいるものが多いようす。

ふむ。

ひびに鉄分が染みこんだ従来のタイプでは、こういう不透明白が混じっているのは見たことがないような気がする。
言われてみると、この不透明白はデンドリチック・アゲート(これもオパールといわれたりカルセドニーといわれたりする)に似てるかも。

適度に白が混じったルース(写真の石)を手にとり、くるりと裏返してみます。

オパールカルセドニー1

あ、なんだかちょっと違いが見えてきたぞ。

不透明白が入り込んだ部分、クラックに入り込んだ……とのことですが、入り込んでいる部分がクラックならば、ずいぶん隙間が開いていると思いませんか。

例に挙げた赤と黄色のタンブルと見比べてみてください。タンブルは、赤や黄色が染みこんだことで、ひびが浮かび上がってはいますが、ひびはぴったり合わさった状態……染みこんだ色は、水晶内で薄膜のように見えています。
そりゃそうです。ひびの隙間が開いていたら割れちゃいます。

だけど、このルースでは、明らかに白い部分に厚みがある。
これは、他では見かけたことがない特徴です。

さらにじっと見ていると……なるほど!

注目した部分をアップにします。

オパールカルセドニー3

白い部分の断面が現れていて、厚みがあるのがわかりますよね。
そして……その断面をよく見てください。
層になってませんか?
層のようすがアゲートっぽくありませんか?


他の不純物ならこんなことにはならないだろうし、専門家だって見分けるでしょう。
隙間の空いたひびに不純物がぎっしり詰まって何とか割れずにいたとしても、ルースにしたりしたら、硬さが違うものが入っているのだから、磨きにくいし、ばきばき割れてしまうんじゃないだろうか。
いったん結晶した水晶が、何らかの原因で割れ、割れたもののバラバラにならずにいたところに、同じ石英族であるカルセドニーやオパール(たぶんカルセドニーとオパールに分かれるぎりぎりの環境だったのでしょう)が入り込み、あたかも接着剤のようにくっつける結果になったのでは。

この不透明白の感じ、隙間の空いた部分を充填しているようす、白い部分の断面に現れたアゲートっぽい縞模様。
これを覚えておけば、次に見たときには、自分である程度は見分けられるかも。


私は石の専門家でも何でもなく、専門的に勉強したこともありません。

ただひたすらに、地道に「なるほど!」を繰り返し、積み重ねる。
それが私の方法といえます。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム