INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

つい、呼んじゃうけれど

名前は厳しく使いましょう(適用しましょう)とかいいながら……

ゾイサイト

つい、「タンザナイト」と呼んでしまう。

えー、正しくは、ゾイサイト

というのは、ゾイサイト(灰簾石)という鉱物の中で青(青紫)のものに付けられた宝石名をタンザナイトと言うからです。
その名の通りタンザニアで採れる青(青紫)のものだけをタンザナイトというのだという説も聞いたことがありますが、産地限定の名前なんでしょうか。

もっとも、天然の状態で青(青紫)のものは少なく、たいていは紫や緑がかっていて、加熱によって色が調整されています。
多分この石も加熱すれば、タンザナイトと呼んでもいい色になるはずです。

だから、加熱されていないこの色のままでは、本当はタンザナイトと呼んではいけない……はず。

繰り返しますが、タンザナイトというのは、青(青紫)色のゾイサイトに付けられた名前。
時々見かけるパープル・タンザナイトとかグリーン・タンザナイトというのはあり得ない。

グリーン・ゾイサイトといったら「緑色の青(青紫)のゾイサイト」という訳のわからない意味になっちゃいます。

最近は、安易に色名を冠する名称が見られますが、ちゃんと用いないと大笑いなことになるので、実は注意が必要です。

たとえば。
ブラック・サードオニキス
サードオニキスは「サード(赤茶色系カルセドニー)+オニキス(すっきりはっきりの白い縞模様)」という意味の名前なので、その心は白黒縞瑪瑙の赤バージョン、つまり赤縞瑪瑙。
これにブラックがくっつくと「黒・赤縞瑪瑙」。
赤と黒の縞瑪瑙ならまだ名前の通りとも言えますが、この名前が付けられるのが白黒の縞瑪瑙なので、「白と黒の縞瑪瑙の赤バージョンの黒いの」という変なことになってます。

クンツァイト
これはスポデューメン(リチア輝石)という鉱物のピンク~ライラックの色合いのものに付けられた名前。
緑のものはヒデナイト、黄色いものはトライフェーンと呼ばれます。
透明なものには特に名前がないので普通にスポデューメンと呼ばれるはずなのですが、クンツァイトの方が知名度が高いのか「クリア・スポデューメン」と呼ばれていることがあります。
黄色いトライフェーンが「イエロー・クンツァイト」だったことも。
これも「ピンク色のリチア輝石の無色バージョン」「ピンク色のリチア輝石の黄色いの」という意味で実は変。

それで言うとグリーン・アメジストも変なんですが、これは実に難しい。
アメジストを加熱すると黄色い色になりますが、中には緑になるものがあり、緑になったものには「プラシオライト」という名前があります。
では、グリーン・アメジストではなくてプラシオライトと呼べばいいじゃないか。

……だめなんです。

プラシオライトは自然の状態で透明薄緑になっているものか、加熱のみで緑になるものに付けられる名前。
ところがビーズで大量に出回っているものは「放射線+加熱」のダブル加工らしいのです。
そしてこのダブル加工のものは「プラシオライト」と呼んではならない。(実はグリーン・アメジストもダメみたいです)。
正しくは「グリーン・クォーツ」と呼ぶべき何だそうですが、そうすると宝石関係(ルースなど)ではまだしも、天然石分野ではクローライトが内包されて緑になった「グリーン・クォーツ」も多いので逆にややこしくなります。

宝石では自然・加熱のみをプラシオライトといって、天然石(パワーストーンやビーズ)ではダブル加工でもプラシオライトといえばいいじゃないか……これには頷けません。
ビーズでブレスが全盛期の今では宝石ともっとカジュアルなビーズの境目も曖昧ですし、カジュアルな天然石ビースを鑑別に出す場合もあります。
検索すれば宝石・その他の天然石区別なくヒットしてきます。
同じ名前で二通りに適用するのは、原石エレスチャルとビーズのエレスチャルの例と同じく混乱の元。

じゃあ、どう呼べば……判断が付かないので、グリーン・アメジストの名前を使っちゃってるんですが、実はね、という部分を忘れないようにしています。

さて、写真のタンザナイト、もとい、ゾイサイト。
写っているよりは若干青っぽいです。3センチ近くの詩歌里とした大きさがあるのに、そこそこ透明感があって光に透かすとなかなか綺麗。
そのくせなかなかにお安かった優等生です。

ビーズ(さざれ)などで見かけるタンザナイトは淡い青(青紫)をしてますが、ちょっと色が単調なので、タンザナイトとは呼べないけれど、加熱前のニュアンスのある紫の方がきれいに思えます。
タンザナイト

透明な結晶形の「タンザナイト」はさすがに綺麗ですけど、やっぱり加熱してない方が色に深みがあります。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム