INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ヤク・ウールで考える

ここ数日やたらに寒くて、何か暖かいものが欲しいなあ……という気分になります。
ネットショップを見ていると、マフラーやストールが気になる。
その中で「ヤク・ウール」というのを見つけました。

ヤクというのはヒマラヤの高地で飼われている牛の仲間。
その毛は軽くて暖かいのだそうです。

おお、ヒマラヤとな?
こんな所でもヒマラヤ水晶好きが発動してしまい、いいじゃないの、欲しいじゃないのと俄然探す気満々になりました。

ところが……その値段の差の大きいこと。
1000円、2000円台のがあるかと思えば、数万円するのもある。
万を超えるようなものに手はでないし、別に安くたっていいけど、安いヤク・ウールって、エスニック雑貨店などで売ってるマフラーにそっくりじゃない?
そう思ってなおも見ていると、とても変な記述を見つけました。

「ヤクショール……素材:アクリル100% 原産国:ネパール」

ヤクショールといったらヤクでしょう。100%じゃないかもしれないけど、ヤクの毛を使ったショール。
アクリル100%だったらヤクじゃないぞ!

なおも調べていくと、

ヤクの毛は剛毛でショールなどには適さない(ちくちくして肌触りが良くないとか)。
ヤクといいながら実際は山羊だったり、ひどいときにはアクリルだったりする。

現地でもヤク・ウールをよく知らない店屋店員がそれっぽいもの(時にはそれっぽくないものも)「ヤク・ウール」として売っていて、よく知らない日本人が仕入れて「ヤク・ウール」として売ってしまう。

……という話が出てきました。

どこかで聞いたような話だなあ……。

アクリル製品をヤクと言って売ってる(らしい)現地の人も、「騙してやろう」ではなくて、こういうのを(素材に関係なく)「ヤク」って言うんだろう? くらいの意識ではないでしょうか。
誰もが悪意を持って騙そうとしてるんじゃなくて、おなじ「ヤク」という言葉でありながら、それに対する意識が全然違う。

かと思うと、ヤクの毛は、長くて硬い毛と柔らかい下毛があり、下毛なら柔らかなニットができるという説明もあったり、フェアトレード商品として、現地の一階とを紡ぐところから関わって作られたヤクのニット製品も売られています。

欲しいとなったら、自分で調べて、納得のいくものを探すしかないか……。
そこらへんも同じだなあ。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム