INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

わずかな違い

連続ファーデン!

ななめ

油断すると、登場の機会を逃しそうで。
昨日のファーデンに似て、比較的スタンダードに見えますが、ちょっと違います。

結晶の重なり方がちょっと複雑で、向きがやや斜めぎみ。
おかげでフェインがはっきり見えませんが、歌から表からひっくりかえていじっくり見ると、
ごちゃごちゃ重なったあたりに、成長の「芯」といえるものが見えてくるので、ファーデンだろうと判断します。
(何よりファーデンがどっさり入った箱出身です)

こういう、ちょっと判断を要するタイプを手にできるのは、買ったお店がセレクトした石を仕入れるのではなく、産地から玉石混淆でごっそり仕入れていたから。

石というのは、天然のものだけに基本パターンはあってもそこからずれたスタンダード「外」のものがたくさんあります。
しかし、たとえばファーデンならば、平板状でファーデン・ラインがはっきり見えているものがファーデンらしいので、箱単位で仕入れるのではなくていいものを少量仕入れるやり方だと、どうしても「ファーデンらしい」ものが選ばれることになります。

個人的アフガニスタン・パキスタン石ブームが来る前は、ファーデンというと平板状でラインはっきりしたものしか見たことがなくて、それこそが……というか、ファーデンというのはそういうもの、そういう見かけのものしかないのだと思っていました。

ところが、ところが。
玉石混淆仕入の店に出会って、ふたを開けてみるとあれやこれやいろんな「スタンダード外」の石がいっぱい。
これはファーデンか、そうでないのかと悩むどころの騒ぎではありませんでした。
なぜなら、スタンダードな、ファーデンらしいファーデンがあり、ちょこっと変わったところがある石がある。
ちょっとかわっているけど、これもファーデンだろうと思ってとなりを見ると、そこからさらにちょっと変わっているのがあり、その隣には……という具合に、ちょっとの違いが重なって、気が付くとファーデンといわれる石からかなりずれたものになっているのです。

一気にかなりずれた変な石を見てしまったら、ファーデンじゃないと判断するか、そもそもファーデンとすら思わないかもしれないけれど、ちょっとの違いを順繰りに、こっちがファーデンだったらこっちも……と見ていくと、あら不思議、かなり変な石も「やっぱりファーデンでしょう」と思えてくるのです。

今回の石は、これもファーデン、だったらこっちも、それならそっちも……の中間種。
私のファーデン・クォーツの認識範囲を広げてくれた石なのです。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム