INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

銀枝

メリー・クリスマース!(ただしイブ)

「これはクリスマスだねえ~」
といろいろな人に言われた石があります。

ただし、同時に謎がいっぱい。

この石です。

銀枝

内包物入りの水晶です。
産地はブラジル。
タンブルともドーム磨きともつかないころんとした形。
その中に……内包物。

最初はルチルだと思いました。
ぱっと見、ただのルチルでないことは明らかですが、ルチルの表面に何か不純物が付いていてもこもこしているのだと……たとえば、こちらのようなものではないかと思ってい選びました。

ところが、ルーペでじっくり見てみると……違う!

銀枝2

銀色金属光沢、とげとげ、枝分かれ。
ルチルではあり得ない。

……で、これ、何だろう?

全然まったく見当が付かないので、知り合いの石好きさん、ショップの方などいろいろな人に見てもらいました。

「……なんだろう、銀?」

「金属鉱物じゃなくて、内包物と水晶の間に隙間があって銀色に見えてるのでは? 緑泥とか……?」

「いや、一部断面が見えているところを見ても、これは金属鉱物だと思う」

……という感じで、いまだ決定打なし。

銀枝3

遠目にはやや地味ですが、これは、ルーペで楽しむ石。
見ても見ても飽きません。

こういう内包物は、これ一つと言うことはないはずなので、他にもどこかにあるはず。

ここで見た、こういう鉱物だと言われている……などの情報募集中!

そして、兄弟石もウェールカーム!

Comment

Secret

No title

化学実験で作った銀樹そっくり。やっぱり、金属ではないでしょうか。・・・証拠は全然無いですが。

No title

モロッコ蛍石に付いている水晶に入り込んだ
黄鉄鉱(内部は白鉄鉱?)や、微細結晶になって
双晶している硫砒鉄鉱がこんな感じになりますね。
ただ、やはり画像では今一つ決め手が…。

でも、ナイス雪。
オミゴトな盆栽タンブルです。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム