INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

エベレストから約20キロ


マカルー1

2010年末からお目見えした、ネパール・ヒマラヤ水晶の新産地・マカルーの水晶です。

位置はここ。右から2番目です。


大ざっぱに言うと、エベレストとカンチェンジュンガの真ん中あたりというかんじでしょうか。

マカルーは標高8463メートル、世界第5位の山で、エベレストと同じクーンブ・ヒマール山群に属します。
なんとエベレストからの距離は約20キロ。意外に近いです。
初登頂は1955年5月15日にフランス隊のによってなされました。
ちょっと残念なことに、山名の意味は不明。チベット語で「Kamalu」という説があると言う情報は出てきたんですが、いかんせん「Kamalu」の意味もわからない。

さて、肝心の石はというと、ご覧の通りの照り、そして透明感。
上の写真で、一番大きな結晶の手前に、小さな結晶がありますね。
それを反対側から見ると。

マカルー3

見よ、この透明感!
結晶越しなのに、見え方が変わらない!


買ったときに合った石全体に通じる特徴としては、全くの無色透明というよりは、ほんのうっすら色づいた感じで、結晶の隙間に土の色がついているものもあるので、全体的に暖かみのある、みずみずしい雰囲気です。
結晶は小さめ。

もう一つは、今回の石に比べると大きめで、照りは鈍めで透明なタイプもありました。

ガネーシュ・ヒマール~、ガウリシャンカール~、カンチェンジュンガ~、わ~い!……とコンプリート熱に浮かされて集めていると、おもしろい傾向が見えてきます。

ネパールの東端、カンチェンジュンガは透明な小粒結晶のクラスターとちょっと大粒結晶が出ます。
 

これは、マカルーに似ていて、マカルーの方が若干色味が強めでしょうか。
ところが、この「色味」はエベレスト方向につながるようで、

エベレストにもうっすらスモーキーで照りの強い水晶が。

さらに西へ行くとガウリシャンカールがあり、ここははっきりとしたスモーキーの産地。
 

結晶は太く逞しくなり、その特徴はガネーシュ・ヒマール水晶の一部に通じるものが……
 

……というように、特徴がつながっているようにも思えるのです。

今後、ローツェ産水晶が出たら、マカルーやエベレストのものににているだろうかとか、チョー・オユー産だったら、もうちょっと色が濃くてクラスターかも、と。想像してしまいます。










Comment

Secret

きっれい

ご無沙汰してます。
写真をひと目見て、ヒマラヤらしい透明感に心鷲掴みされました。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム