INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

マカルー、もう一つ

マカルー2
先日に続き、マカルー産水晶です。

先発のクラスターは、やや色味があるものの無色透明、照りが抜群のキラキラ・クラスターでしたが、うってかわってこちらは結晶はやや大きめ。色味がなく透明ではあるものの表面の照り、すなわちつやつやピカピカ具合にはいまいち恵まれません。

何も言われなかったら、同じマカルー産とは思わなかったかも……。

このように、はっきりと特徴が違う石なので、マカルーはマカルーでも掘った場所が離れているのではないでしょうか。

クラスタータイプがよく似ていると思ったカンチェンジュンガでも

のような大きめ結晶が出るので、こちらもよく似ています。
(このタイプの水晶を「エベレスト・クォーツ」の名前で売っていた店がありますが、位置で言えばマカルーの方がエベレストに近い! この誤解を招くネーミングはやめていただきたいものです……)


さて、マカルーはネパールの行政区で言えば、サンクワサバ郡にあります。


カンチェンジュンガがあるタプレジュンのお隣です。
これまで、サンクワサバと言えばアクアマリンやトルマリン、ガーネットなど「水晶以外」の産地のイメージが強かったのですが、そういえば一度、「サンクワサバ産」の水晶を見たことがあります。


※この写真はHIROさんにお借りしています。実物も見たことがあります。

サンクワサバと言っても広いので、どこかはわかりませんが、今となってはこの石がマカルー産の第一陣だったんじゃないかと思えてきます。

これまではサンクワサバの水晶を持ってなかったので、別館サイトのコーナーではカンチェンジュンガの項目に入れていたんですが、そろそろ分割しなければ。
だんだんコーナーが増えてきて、そろそろどこがどうなっているのか、把握するのが難しくなってきました。

で持てカイアナイトやガーネットやアクアマリンが出ることがわかっているのですから、ひょっとしたらそれらをどん欲に飲み込んだ水晶が出てくるかもしれないわけで……。

期待しております、マカルー産

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム