INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

のほほん天珠

すでにご存知のように、天珠好き。
ただし、天珠の「意味」ではなく、天珠のデザインや歴史的方面に興味があります。

「歴史」という点では、いろいろ調べてみて、天珠はチベット仏教のものではないな……と思ってますし、数ある天珠の模様では、観音とか龍神とか最近の模様には手を出さず、もっぱら古い天珠に見られる伝統的な模様が好き。

もちろんできることなら古い天珠が欲しい……けれど、まず手に入らないだろうとわかっているので、「古い天珠の雰囲気」を持つ天珠を探しています。

それとは別に、デザインという点では、これは現代作の、アレンジされた天珠であると割り切って、その前提の元に「おもしろい!」と思った天珠に手を出します。
(ここでも意味と新しい模様にはほとんど手を出しません)

……ということで。
「変な石」好きの私が「おもしろい!」と思う天珠は、すなわち「変」

以前にも石選び感覚で選んだ天珠を登場させましたが、今回の天珠も同じく、ミネラルショーのインドブースで、「チベット・ブッダビーズ」の名前で買いました。

のほほん3眼

のほほん3眼2

いちおう○が3つあるので、三眼です。
ひびだらけでずいぶん古びて見えますが、模様を焼き込む際、加熱しすぎるとひび割れになるようですし、穴まわりにも摩耗した形跡はないので、古いとは思いません。

どこに惹かれたかと言うと、まずは、この中途半端な大きさ・太さ
現代作の天珠は、製品化されているためにどれも同じ大きさで作られていて、長細い形ではたいてい40ミリ前後がレギュラーサイズ。
今回の天珠は30ミリ。幅15ミリ。
現代作にも30ミリサイズはありますが、もっと細いです。
この、他にはない、ぽってりとした大きさ。この半端な感じがなかなか良し。

次に表面
ひび割れ……と言うより、使い込んだ革のような雰囲気で、手ざわりは意外になめらか。
ピカピカに磨かれた天珠にはない暖かみがあります。

そして、模様
ふつう、三眼というとこんな感じの模様で、展開するとこうなります。

三眼展開図
なんてモダン! どうしたらこんな模様が考え出されるのでしょう。

でも、今回の天珠とは、違います。今回の天珠はもっと単純な模様。展開してみると。

のほほん展開図

……。

スタンダード・三眼と比べて、六角形の部分がかなり長い。
そのうえ、六角形の中の○は真ん中ではなくずいぶん偏った位置に描かれているのです。

いい加減と言えばいい加減でヘタクソ。
でも……この肩肘張ってない、のほほんとした感じが魅力なのです。



Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム