INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

クリスタルチューナーの謎・その2

クリスタルチューナーの謎、続いています。(その1はこちら

クリスタルチューナーの周波数である4096Hzで検索してみたら、出てきた説明がすでにばらつきあり。
どうしよう……ということで「地球の振動数」で検索です。そんなモノ、あるんだろうか、どうやって測ったんだろうか。

◇ 今、地球は振動数を高めています。 1980年頃までは7.8Hzぐらいだったそうですが、
 1995年くらいには8.6Hzくらいまで上昇してきているといいます。
◇一昔前、地球の振動数は 7.1 Hz~ 7.4 Hz と言われてきました。それがだんだん上昇し、西暦2013年までには、 その振動数が13 Hzにまで高まるという情報もあります。
◇地球には「地球結晶体」の表面共振の基本振動数として考えられているシューマン共鳴というものがある。
 これは第2次世界大戦初期に、米軍のレーダー探知員により偶然発見された7.5Hzの極超低周波であり……
地球は3×10-4ヘルツの固有振動数をもち、……(略)……地盤の固有振動数は軟弱なところで2~3ヘルツ、
 堅いところで7~8ヘルツとなっています。(参考

ふ、ふふふ……ますますわからない(難しい)世界……。

いや、めげないめげない。
まず、地球の振動が上昇とかいうのはちょっとここではお休みしましょう。
これには魂の振動とか、かなりイメージ的な話が絡みます。
これと~ヘルツという物理的な話を一緒にすると混乱の元。
代わりに「シューマン共鳴」でいってみます。


うっ、話がいきなり難しく……。
シューマン共鳴(シューマン共振)とは「地表と電離層の間の空間においての共振周波数」なんだそうですが、これではちっともわからないので、もうちょっとくわしく。

私が(ヨレヨレと)理解したところによりますと……。(間違いがあったらご指摘下さい)

地球の周り(上空)には電磁波を反射する電気の層があり、これを電離層といいます。
この電離層が雷の放電や太陽風によって震動し、地表と電離層の間の空間が音が響く楽器…………ドラムなどの内部の空間のような働きをして生まれた電磁波の共鳴周波数のうち、その波長がちょうど地球一周の距離の整数分の一に一致したもの。

地表と電離層の間にはいろんな波長の電磁波が飛び回っていますが、その中で整数倍、つまり、2倍、3倍……(何倍かはよくわかりませんが)……すると、その波長が地球一周分に一致する極極超長波なのです。

これは一種類ではなく7.8Hz、14Hz, 20Hz, 26Hz, 33Hz, 39Hz, 45Hなど、何種類もあるようです。

で……よく見ると、おや、7.8Hz。最初に出てきた「地球の基本振動である8ヘルツ」に近い
この周波数は、日や年によって若干の変動があるようですし、約8ヘルツということでしょうか。


個人的には「約」でいいのか? と思うんですけれど、この話題は後で。


さて、もともとのクリスタルチューナーの説明に戻りますと、チューナーの4086Hzという音は、

地球の基本振動である8ヘルツを倍増していき、9オクターブ上昇した振動数

ということですが。
9オクターブ上昇ってどういうことでしょう。

オクターブと言えば音階です。ドレミファソラシド……で言うと、最後の「ド」は最初の「ド」の1オクターブ上の音、ということになります。
ドレミファソラシドならわかりますが、8ヘルツの9オクターブ上と言われても。

1オクターブは7音(ドレミファソラシ)、または8音(ドレミファソラシド)だから、……
(約)8(Hz)×7(1オクターブの音)×9(オクターブ上)=504……違う。
(約)8(Hz)×8(1オクターブの音)×9(オクターブ上)=576……違う。

4096が9オクターブ上昇なんだから、
4096÷9=455.1111……割り切れない。
4096÷8=512……割り切れるけど9オクターブと結びつかない。
8×8×8×8=4096だけど、これも9オクターブと結びつかない。

さあ困った。改めてオクターブについて調べてみなければ。
三度グーグルのお世話になって調べてみると。
オクターブが一つ上がると周波数は倍、2つ上がるとその倍、つまり元の4倍になるとのこと。

なるほど、これなら計算できる。
8×2=16……これが1オクターブ上
8×2×2=32……2オクターブ上
8×2×2×2=64……3オクターブ上
8×2×2×2×2=128……4オクターブ上
8×2×2×2×2×2=256……5オクターブ上
8×2×2×2×2×2×2=514……6オクターブ上
8×2×2×2×2×2×2×2=1024……7オクターブ上
8×2×2×2×2×2×2×2×2=2048……8オクターブ上
そしてついに9オクターブ上
8×2×2×2×2×2×2×2×2×2=4096

おめでとう!
こういうことか!

……しかし、謎はこれで終わりではありません。
さらに続きます

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム