INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

緑の白

フックサイト

フックサイトです。

フックサイトというと緑のアベンチュリン(もちろん、キラキラしているもの!)に入っているとか、内包物でお目にかかることが多くて、そういえば単独のものとは疎遠だなあ……と、探したときがありまして。
原石もあるにはあるようなんですが、ものが雲母なのでどうもポロポロ、ペリペリしそうな予感。
そこでたどり着いたのが、このルースでした。

レピドライトがビーズになるくらいだから、フックサイトがルースになったっておかしくないのかもしれませんが、よくぞ綺麗に磨けてくれました、といいたい感じ。
雲母らしくキラキラしていて満足です。

よく見ると、ところどころに青みを帯びた部分が見えます。
産地がロシアのコラ半島なので、そこから類推するに、カイアナイトではないでしょうか。
もしかして、カイアナイトが染みこんだ状態になっていて、だから雲母でもルースに磨くことができたとか?

そういえば、一時期緑のアベンチュリンのことを「緑化フックサイト」という言い方が流行ったことがありました。
流行ったと言うのもヘンですが、気が付いてみたら、そういう言い方をしているところが同時多発的に何カ所もあったのです。

これはヘン。
なぜならフックサイトはクロム白雲母。(クロム雲母という場合もあり)
白雲母がクロムを含んで緑になったものという意味ですから、緑化フックサイトは緑になった緑の雲母、とでも言うべき変な呼び方になってしまうのです。

別館サイトで「それはヘンだ!」と叫んでいたら、いつの間にかこの良い方を見かけなくなったのでほっとしました。

また、別の所ではサファイア入りフックサイトと言っている石を見かけたこともあります。
いや、サファイア入りフックサイトといえるものはあります。
ルビー・イン・フックサイトと言う石がありますが、ルビーと同じコランダムで赤以外のものがサファイアですから、フックサイトの中に混じっているのが赤くなければ、それはつまりサファイア入り。


たとえばこれなどは、まわりのくすんだ緑がフックサイト、中央のくすんだ紫がルビー……じゃなくて赤くないからサファイアなので……でもサファイアと言ってしまうと語弊がありそうなので、コランダム入りフックサイト。

でも、見かけて「おや?」と思ったのは、今回のルースのような青の混ざり方でしたから、やっぱりカイアナイトっぽい感じがするんですよねえ……。

Comment

Secret

No title

上側の石、私が所持している
「クロムダオプサイト」とそっくりです。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム