INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

シャドウ・エフェクト

昨日に続いて、瑪瑙のシマシマで勝負!(なぜ、勝負?というツッコミはなして。ノリです)

エフェクト2

ふー、美しい!

おっと。
オーストラリアのアゲートです。

アゲートというと、いまいち地味なイメージがあるんですが、そんな一般的イメージでくくってしまうのは実にもったいない。
じっくり見ると、それぞれに異なる美しさを持つ、個性的な石なのです。

たとえば……写真をよくご覧ください。
気の年輪のようなシマシマですが、このシマシマとは別に、放射状の色むら……というか、この石、薄いプレートなんですけれど、まるで表面が波打っていて、その凸凹に添ってシマシマが光を反射しているような、そんな輝きが見えませんか?

エフェクト4

あくまでも平らなプレートなのに……。
しかもこの輝きは、石の角度を変えると動いて見えます。

それはあたかもモアレのよう。
モアレというのは、干渉縞のことで、簡単に言うと、わずかに違う規則正しい模様を重ねるとそのわずかな違いで模様が重なったり重ならなかったりすることで現れる、視覚的な縞模様のこと。

たとえばこういうのです。
モアレ1 モアレ2

わずかに幅が違う縞模様を重ねると、重なったところに揺らいだような縞模様が見え、重ね方で現れる縞模様が異なって見えます。

アゲートでは、透明な中に細かい縞模様がはいったもの……つまり、間が透明で細かい縞のものでは、動かすと光の加減で陰影が動いて見えることから「シャドウ・エフェクト」と呼ばれます。

エフェクト3

個人的には陰影が動くと言うより、プレとの表と裏では縞模様の幅が若干違ってしまうために起こる、まさしくモアレ何じゃないかなあ……と思うんですが。

繊細な縞が生み出すおもしろさ。
ボツワナ・アゲートで藻、条件が合えば見ることができます。

エフェクト
このアゲート、光に透かして撮ったら、赤みが強く写りました。実際はもうちょっと黄色い感じ。
そして、とても硬いんだそうで、スライスするのも大変なんだそうです。
……同じ瑪瑙でも硬さに違いがあるのかしらん?


Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム