INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

クリベージ?

ひときわ、地味な写真で参ります。

クリベージ

えー、ものはローズクォーツ。
ずいぶんと淡い色合いですが、一応肉眼でもちゃんとピンクに見えます。

産地はアフガニスタン・クナル。

この産地はこちらのように、まさにバラ色といいたい濃いピンクの結晶形ローズクォーツを算出しますが、塊上のローズクォーツも出る様子で、こちらは淡いピンクなのです。

大きさも10円玉ほどのミニサイズ。
なのになぜこの石かというと……写真をよくご覧ください。

石の上下がほぼまっ平らに見えませんか?

これ、普通に考えたら水晶にはありえないことです。
カルサイトやフローライトには劈開、一定の方向にまっ平らに割れる性質があって、その性質によって
劈開・カルサイト劈開・フローライト
のような形を、割って作ることができます。

ところが水晶には劈開がない。
よって、まったいらに割れるはずがない。何かのはずみで偶然そういう割れ口になったとしても、上下が平行にまっ平らに割れることは、ありえない。

ブラジルのある産地では、地下で塊上に……つまり岩の隙間をぎっしり埋め尽くすように結晶した水晶(石英)が変成作用(地下深くで熱や圧力が加わること)をうけたものがあり、その中には本来水晶が持たない劈開のような性質を示す石があると聞いたことがありますが、これはアフガニスタン産。

この地にもあるのか……?



Comment

Secret

No title

石英には劈開が「無い」のではなく「不完全」なのです。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム