INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

クラスター

ローズ・群

ブラジル産ローズクォーツです。
詳しい産地が分からないのがちょっと残念。

一見、ぶっかきのかけら状に見えますが、自形結晶です。
結構ずんぐりした結晶がふたつ(……ふたつ半?)、くっついてます。
中までローズの結晶なのか、透明またはごく淡いスモーキーの上にローズがコーティング状態で結晶しているのかは、いまいちよくわからないんですが、これで芯までローズだったら、かなり大ぶりな結晶です。
それが複数くっついているんだから……まあ、ローズクォーツの結晶といってもいいのかな?

大ぶりな結晶のためか、あるいは芯がローズではないかもしれないせいなのかはわかりませんが、角の部分の色がわずかに濃く、全体的にみると色付きにむらがあるように見えるのが特徴です。
うーん、やっぱり芯はローズではないような気もしてきました。

ところで、最近変なことが気になっています。

ご存じ、ローズクォーツの自形結晶は少ないです。
ことさらに自形結晶と堅苦しく連呼しているのは、結晶の形をしていなくても、構造としては結晶しているから。
水晶らしい形をしているものを自形結晶と呼びます。

とにかく、ローズクォーツこのかわいらしいピンク色の水晶全体量に占める、結晶の形をしているローズクォーツは、きわめて少ない。

かつてはブラジルだけと言われていましたが、最近はアメリカやアフガニスタンからも出ているようで……それでも少ないのです。

ところが、ネットを徘徊していると、「ローズクォーツのクラスター」という言葉にあちこちで出会います。
それも「ローズクォーツのクラスターで浄化できるでしょうか」というような使い方。

……ローズ・クォーツのクラスターで、浄化だって?
せっかくの結晶が折れたりしたらどうするんだ、もったいない。
そう思ってみてみると……

それはぶっかきかけら状のローズ。

こういうのを、クラスターと呼んでいる例が、最近多いような気がします。

うーん、勘違いにしても厳しいなあ。

最近は、ブレス人気で、こういう「基本用語」を解説するところもなくなってきちゃったんだろうか。
それとも、どこかに勘違い説明の震源地があるのか?
もしかして……もしかして、「浄化に使う大きな石=クラスター(形状に関係なく)」なんて認識が広まっていたら……怖っ!

そんな恐ろしいことにならないように、念のため。

水晶などでいうクラスターとは、「群晶」のこと。
読んで字のごとく、結晶が群れになったもの。

 

見かけるのは水晶が多いですが、クラスターは水晶以外にも用います。
たとえば、
アズライト・群
アズライトのクラスター。

くっついているからといって、こういうのはあまりクラスターとは呼ばれません。
アーティチョーク

クラスターと呼ぶ範囲は、個人差があると思いますが、個人的にはそれぞれの結晶が独立していて(つまり、上の黒水晶は、一つひとつが独立していなくて、全体として大きな形を作っているところがクラスターではない)、くっつきあった塊に底面があるもの……をクラスターと呼びたいです。
くっつきあっているものの本数が少ない場合は、クラスターと呼んだり呼ばなかったり。

このクラスターから結晶を一本外すと、それは「ポイント」「単結晶」と呼ばれます。

2本~数本くっついている場合は、くっつき方によっていろいろな名前がある場合も。

ポイントは、たいてい片方がとがっていて、もう片方はくっついていた部分で、割れた断面になってます。
たまたま両方がとがっている状態(割れてとがったのは省く)だと、ダブルポイントとか、ダブルターミネーション(DT)と呼ばれます。


ダブルポイントと対比して、片方だけとがったポイントを「シングルポイント」と呼ぶ場合も。

結晶の形をしていない、割ったかけらみたいなものは、特に名前がついていませんが、しいて言うなら「ラフ」と呼ばれることが多いでしょうか。


細かいことを言うようですが、よく聞く用語は一番スタンダードな意味合い(パワーじゃなくて、その名前がどんな形のものを指しているか)を知っておかないと、質問したりするにも不自由なので、ご注意を。


Comment

Secret

No title

こんにちは(⌒▽⌒)

知恵袋ではお世話になりました。

クラスターの定義ですがブレスを乗っけることが
出来る原石と言うのがかなり広まって居ますね。

自分の家のクラスターはこれ一つだけですorz
かっこいいから気にいってます(⌒▽⌒)

http://e2.upup.be/wjdZVfuiHN
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム