INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

古いかもしれない

old?

old2?

ジービーズです。
長さ2センチほどですが、全体の形を見るに、半分に折れてしまったもののようです。

ジービーズを見るには、穴回りのこすれ具合などが重要な手掛かりになるんですが、これは折れた時に折れ口や残った方の端を磨いてしまったらしく、期待する手がかりが残っていません。
しかし、この「カフェオレ」と言いたい、とろりとした色合いと質感に感じるものがあり、珍しくもオークションで買いました。

……というのも、古いジービーズには、現代天珠とは比べ物にならないくらい染料がしみ込んでいるものが多いからです。

この「カフェオレ色」は、その質感に近いぞ。
風化紋もしっかり出ているし、一か所削れた部分のこすれ具合も、時の流れを物語っている……ような。
半分だけだけど、これはかなりの時間を経たものではあるまいか。

天珠好きとしては、まだビギナーの域を出ない私は、パソコン画面を前にうなったものです。
うなりつつも、こうして手に入れたわけですが……。

先日、このジービーズを、天珠好き先輩にも見ていただきました。
結果、「かなり古いものだと思うよ」とのこと。
ラッキ~
ちょっと、ほっとしました。

私は、天珠の意味はそっちのけで、歴史的な側面に興味があるので、古い天珠が手に入るなら、実際触って、時を経たその質感を……単に磨いたつるつるとは異なる、しっとりとした手触りを確かめてみたかったのです。

もしかして、これがそうなんだろうか(なでなで)。


さて、このジービーズ、白と黒の縞模様でなので、線珠……ということになりますが、私は「羊角天珠」と見ます。
線珠だと、両端に地の色を残したタイプに使われる名前で、「中天珠(chung dZi)……スタンダードではないけれど天珠……に分類されてしまうからです。
対してこれは、縞模様ではあるけれど、白黒の色合いは「至純天珠(pure dZi)」。
張宏実氏著の「法相荘厳 管窺天珠」にもこの白黒縞模様天珠は、至純天珠の中の羊角天珠として掲載されています。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム