INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

実は見かけないと思う(新宿戦利品)

どうして新宿ショー明けというのは天気がいまいちなんでしょう。
梅雨の時期になるので、曇りや天気が多くなるのはわかるんですが、計ったようにショーの期間中は暑く、終わると天気がすぐれないような気がするんですけど。

それでも空をにらみつつ、戦利品を広げて写真を撮りまくりました。
きれいに撮れたものからの登場です。

アポフィライト-inc2

グリーン・アポフィライトです。
産地はもちろんインド。(詳しい産地を聞いたら、店主がいないのでわからない~と言われてしまった。とほほ)

ミントグリーンのキューブ状結晶が2つくっついていて、その中をピンク色の棒状のものが貫通しています。
アポフィライトの透明度が高いので、その様子がご覧のとおり、くっきり。

アポフィライト-inc

この棒状のものは、ときどきカルセドニー系の結晶の芯になっていることが多いので、正体こそわからないものの、見かけることは見かけます。
だけど、それがアポフィライトの中にあると……?
……というか、アポフィライト自体が、何かを内包することが少ないように思うのですが、いかがでしょう。

たしかに、鉄系のものを内包して茶色や赤になったりすることもありますし、スティルバイトなどと共生して、一部食い込んでいたりすることはありますが、はっきりと形のわかるものが深く入り込んでいることは少ないと思うのです。

最終日に見つけて、アポフィライトのみずみずしさとピンクの取り合わせのかわいらしさに、つい手が伸びてしまいました。
売られていたのは小さ目の石ばかりでしたが、これでもう少し大きめの、ツリー状のものがあったら、きれいでしょうねえ……!


Comment

Secret

No title

どうもこんばんわ。
古い画像なのでちょっと判り難いですが、こんなんでしょうか?
http://twws.blog38.fc2.com/blog-entry-35.html

玉髄が赤系ではなく黒系なので、若干違いますけど。
たまに見掛けますので、根気良く行けば見付かると思いますよ。

No title

TONGARI-Takeさん

惜しい……かな?
くっつき系じゃなくて串刺し系、できれば串焼き鳥林立状態のが希望です。
くっついてるのだったら、スコレサイトにザラメくっつき状態のがきれいですよね~。
こういうのがあるとわかったので、あとは探すのみです。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム