INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

とびついた(新宿戦利品)

ふふふふふふ。

新宿ショー4日目の月曜日。
何度ものぞいたお店にまたもや立ち寄った私は、ある石に釘付けになりました。

「これは!」

目にして即、握りしめ。
大きいけれど、形良し、お値段良し、手触りよし。そして、ものすごく変!
総合評価、素晴らしい!!

こんなの買っちゃったあ!……と見せると、見た人すべてを
「ナニコレ!」
と絶叫させるパワー(?)に満ち満ちた石。







それは、コイツ。
砂漠石1

ちょっとカッコよく撮ってみました。
全体像はこんな感じ。
砂漠石2

そういえば、去年の新宿ショーでも、同じ店でぐにゃぐにゃ石につかまったんですよねえ……。
shilex-m

昨年のぐにゃぐにゃ石は、白でしたが(中身は茶色)、今年は……黒。
白いぐにゃぐにゃ石は、チャート(あるいはメニライトと呼ばれるオパールの一種:珪乳石)でしたが、今年のは?

いちおう、お店の人に聞いてみると、
「いや~、わからないけど面白いから持ってきた。 デザートアートストーンと言っていたけど」
……って、昨年の白いぐにゃぐにゃ石も同じ名前で売ってたじゃないですか。

手掛かりが全くないかというと、そうではありません。
この石の手触り、色合いは……
しゃーまん
アメリカのユタ州の砂漠で採れるという、シャーマンストーンとか、モキ・マーブルと呼ばれるものにそっくり。
こちらは、砂岩に鉄(ヘマタイト)が巻き付いた(しみこんだ?)もの。
断面写真はこちら:参考サイトさま

しかも、今回の石と同じサハラ砂漠(同じ場所かどうかはわかりませんが)からは、こんな石も採れます。
プロふぇしー
こちらは、マンガンとゲーサイトなどから成る石らしく、「プロフェシー・ストーン」の名前で見かけます。

これらの鉄系ごつごつ石を比べてみると、
手触りはモキ・マーブル似。
しかし、端がちょっと欠けている部分を見ると、割れ口は滑らかで、若干ガラスっぽい貝殻状断口を示しているので、砂岩に鉄が……というのとは違う様子。
断口

同じサハラつながりでプロフェシー・ストーンと比べてみると、プロフェシー・ストーンよりは軽いようなので、芯までゲーサイトとマンガンではないのかもしれない。

何より、白いぐにゃぐにゃ石があるし……モキ・マーブルのような砂岩ではなく白ぐにゃぐにゃのチャート(またはオパール)にゲーサイト(またはヘマタイト)がしみ込んだものだったりしないだろうか?
チャートやオパールにはカルセドニーと同様、隙間があるし。


どこかで、同じような石を見かけたよ、という方、情報お待ちしております。


Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム