INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツッコミ石

引越して以降、石の情報が遅くて悲しい限りです。
このたび、ネットで「アースシードライト」という石を知りました。

注目したのは何と言ってもこれがヒマラヤ産といわれていたこと。

複数のサイトから拾い集めた情報を内容別に列記してみると……(基本コピー&ペーストですが適宜リライト、太字はKUROの判断です)

発見された時期
◇発見されたのは2014

状況
◇鉱脈中1ポケットしか発見されていない
◇豪雨で行動が水没、採掘は難しい
◇今回200kgしか産出できず
◇※名前にはTM付

産地
◇インド北部で発見
◇インド北部、ヒマチャルプラデッシュ州、マニハール
◇パルバティ渓谷近郊
◇インド北部の宗教聖地「マニカラン」近郊、標高5200mのマニハールで発見され
◇マニカラン付近の標高500メーターのマニハールで発見された大変、希少な鉱石

鉱物としての説明
◇サフィリン・コーディエライトinシリマナイト
◇鉱物名:サフリン・コーディエライト・イン・シリマナイト(←サフィリンの誤字?)
約38~25億年前南極付近深部で生成されたと考えられる「超高音変成岩」の一種(←超高温変成岩の誤字?)
◇パンゲアからインドが分離、北上、ユーラシアにぶつかり大陸衝突帯変成地域を形成、今もヒマラヤ山脈を押し上げている、
 大陸の変遷を物語る学術的価値の高い岩石
◇サフィリンは「超高温変成岩」の中でも、等温、減圧という環境変化を受け斜方輝石が置換した石
◇サフィリンはコーディエライトとともに青緑色の層をなし、それが真珠色のシリマナイトと共生する、
 特殊な変成作用が重なって生まれた石。
約25~38億年前に現在の南極付近の地球深部で形成されたと考えられる変成岩
◇超高温高圧で生成し、様々な地殻変動を経たブルーのサフィリンが、コーディエライトとシリマナイトと共生する奇跡の鉱物。
◇シリマナイト、サフィリン、コーディエライト、マイカなどが層状に共生する変成岩
◇インド南部には大陸創生期に生成された「超高温変成岩」が分布しています。
◇世界的にも大変希少価値
◇現在の南極付近からインド北部(ヒマーチャルプラデーシュ州)まで大規模な大陸移動を経たとされている天然石
南極でクリスタル化(変成岩)した後、はるばるヒマラヤまで地殻変動により移動した。

石のパワー
※このほかにもチャクラがどうとかいろいろ説明はあるのですが、それはさておき関係のありそうな部分だけ列記します
◇地球創生のエネルギーと宇宙の光を宿す
◇鉱物誕生の由来から『アースシードライト(Earth-Seed-lite)』と命名。
北上を続けるインド亜大陸がヒマラヤの霊峰を天空へ向かわせる壮大なエネルギーを秘めている。
◇超大陸から離れ北上を続けるインド亜大陸がヒマラヤの霊峰を天空へと向かわせる壮大なエネルギーを秘めています
◇造山運動が地上へもたらした奇跡

しつこくこまごま書きだしたのは、石が出回り出してまだ時間も浅く、どこを見ても似通った説明……一つの説明の引用のようでいながらすでに内容にばらつきがあるからです。

はい、お察しの通り、ツッコミする気満々です。
何と言ってもヒマラヤだし
過去、
「世界三大パワースポットヒマラヤ」(←検索すると、「マチュピチュ、ユカタン半島、エジプト」か「ハワイ、セドナ、ルルド」でヒマラヤの名前は出てこない)
「世界最古の水晶ヒマラヤ水晶……」(←ヒマラヤ山脈は世界で最も新しい大山脈)
「マグマの熱により何億年も焼かれたヒマラヤ岩塩」(←テチス海が陸地化したのは陸地化したのは、5000万年前くらい。どうみても「~億年前」は海水じゃぶじゃぶだったはず。ヒマラヤ山脈の影も形もないころ、ヒマラヤ岩塩はどこで、マグマにこんがり焼かれていたのか)

……なんて、どうしてだかヒマラヤについては首をかしげる説明が多いので、ヒマラヤ水晶好きとしては、最初っから見る目が斜めになるのは否めません。

では、ツッコミ開始!……というより、ご存知でしたら教えてください!

まず、発見時期
これはどこを見ても2014年と一致しています。
2014年だったらまだ東京にいましたが、見かけたっけ……?
今頃見かけるとは、意外に遅いかんじ。
アイスクリスタル(マニカランの触像水晶)を2006年の6月の新宿ショーで買ったのに、「2006年のに発見された」と説明されてたのとは大違い。
結晶形のない石で、ビーズに加工されているから?

続いて状況
出ました、「限られた量しか採れなかった」説明。
過去、こういう説明がされた石はいくつかありますが、たいていはその後しれっと後続が出てきて、それなのに「続いてたくさん採れるようになりました」とは言われず、いつまでたっても「限られた量しか……」と言われ続けることが多いので、注意して見守りましょう。
いつまでたっても売られているようなら、限られた量しか採れなかったとか、もう採れないという情報を疑う必要ありです。(人気がなくて売れ残ってるという可能性もありますが)

ものすごく個人的に、ビーズで出回る時点で「本当に量が少ない」とは言えないような気がしてます。
少なくて貴重な石だったら、ビーズに削って無駄を出すだろうか。

困るのがTM付……トレードマーク、これは、商標登録ではなくて「これはうちのオリジナルネーミングだよ!」という意思表示みたいなものですが、いったいどこが名付けたのかわかりません
ヘブン&アース社ではないみたい。

もうひとつ「Earth-seed-lite」「Earthseedlite」で検索しても、海外サイトのヒットがないこと。
ここで説明してたよ! というサイトをご存じの方、情報お願いします!
これに関しては、調べ方が足りなかったのかもしれないので、後日もう一度やるつもりですが……もしかして国内でのネーミング?
TMをつけていながら、「これはうちのオリジナルネーミングです」と明記した説明がすぐにヒットしてこないのが不思議で不便。


産地。
インド北部のヒマチャルプラデッシュ州マニハールであることは一致しています。
おお、マニハール。きれいなルチル入り水晶の産地じゃないか。
manihar.jpg
↑このルチル入りアナテーズ付水晶の産地もマニハール。

ここでのチェックポイントは「インド北部」。後々重要なので覚えておいてください。

そしてすでにここで情報にばらつきとツッコミあり。
さて、マニハールとのことですが、いったい標高5200メートルなのか、500メートルなのか。ばらつきすぎでしょ。

そういえば、「マニカランの10キロのパルギ」と説明されていて、パルギの水晶を売っているインドの人に地図で教えてもらったら、なるほどマニカランのだったけど、後日地図で詳しく調べたら、パルギという地名がマニカランのに二カ所見つかったという謎の出来事があったなあ。

話を戻してマニハール
これは地図で場所がわかっています。
manihar-map.jpg

ほぼ真ん中にマニハールがあるのがわかりますか?
残念ながらマニハールそのものの標高は不明です。また、マニハールと言われてもマニハールの町で採れたのではなく、周囲の山々で採れた可能性もあります。
さて、マニハール、およびその周辺に標高500メートル、もしくは5200メートルの条件に合う場所はあるや否や。

……ない、かも……。

地図は左下ほど低く、右上へ行くほど高くなってる感じになります。色の変化は大雑把な高さの感じを表しています。
マニハールそのものの高さはわからなくても、マニハールより低い、さらに大きな川……つまり谷の底にあるであろうクルの標高が1219メートルです。標高500メートルだったら、谷底より何百メートルも低いことになってしまうので、違うでしょう。
では、5200メートルは?
これもなさそう。
ピンクのⅡみたいな印は道の峠です。マニハール近くの峠の高さは3440メートル。
位置からして、マニハールはそれより低くなるはずです。

マニハールの近くに5000メートル峰があるなら、参考にした地図にその山が記されていないはずがありません
マニカランのずっと北に6000メートル級の山が二つ記されています。その山麓の5000メートル付近という意味なら、マニハールよりマニカランの方が近いので、マニカラン産と言われるはずです。

ということで、採れた標高についての説明ははっきりとです。
マニハールという産地にも「?」をつけておいたほうがいいかも。

長くなるので分割します。

コダワリ

natural-carnrlian_20170130172228316.jpg


「カーネリアンは赤いのとオレンジのものとどちらが質が良いものでしょうか?」

と聞かれたら、「赤」と即答したい。

カーネリアンの語源は(ラテン語で)「肉」「新鮮」。和名は紅玉髄。
新鮮な肉の色、そして紅。その名前を持つ石なのだから、赤。
赤茶色ではなくて赤。パワーストーンではオレンジも範疇に入れられていようと、本来、カーネリアンは赤の名前を持つ石だ。
かのMineralogy Databaseでも「Carnelian - flesh red chalcedony 」と記されている。
(ただのredじゃなくてflesh redなところが嬉しい)


これで「カーネリアンはオレンジも赤もありますが、どれを選んだらいいでしょう?」
みたいな質問だったら「好きな方を」と答えるけど。

だって、好きで選ぶのなら、質は必ずしも決め手ではない。
好きな……好きになれる色を選んで楽しむのが一番だ。

「パワーストーンには決まりがないからオレンジでも好きな方を」という意見もあったけど……いやその、オレンジは確かにきれいで好きな人が多いと思うけど、パワーストーンであるか否かに関係なくカーネリアンだから、カーネリアンとしての質はというなら、赤なのよ。
※染めて赤いのはカーネリアンとは言わない。

天然で赤くてきれいなのは意外に巡り会えないので、しつこくこだわり。

ファジーの余韻

某所で「パワーストーンにパワーなんてない。科学的に否定する」という意見があった。

いやその、そのパワーってもともと科学じゃないから、(わざわざ)否定されても……。
逆に、パワーストーンのパワーをなんだと思っているんだろうか。
そっちの方が気になるなあ。

話の流れとしては、
「(パワーストーンは)安い石を高く売るための詐欺的商品だと思うのですが」

私:「(パワーストーンと言っても)あなたが思う以上にいろいろあるので、
   好きな側から見れば、一部分のイメージで決めつけられても。
   あやしげでいい加減なのは一部分と思っておいてください。」

「グレーゾーンだというご意見ですね。」

私:「グレーゾーンというよりグラデーション。
   黒判定の怪しいのもあるけど、趣味で作って楽しんでる人までグレーとは言えない」

「そういえばただで作ってる人も知り合いにいる。
 お金を取らないので詐欺ではないけど、私は石にパワーがあると称することも否定したい」


私「否定したければすればいいと思う。そういう価値観まで議論しても仕方ない。
  でも、パワーストーンの楽しみ方もいろいろありますよ」

「もちろん否定しています。
価値観としての否定ではなく 科学的に否定します
パワーなどないというのが真実だと断言します。」


私「そもそも科学的でないものを科学的に否定と言われても。
  石のパワーをどういうものだと考えていますか?
  合格お守りを買う。お守りに合格させる力なんてないけど、それで気合を入れたり心強く思って頑張る人もいる。
  そういう気持ちの力を「お守りは紙や木や布だ、そんなものにパワーなんてない、
  科学的に否定する」というのと同じ感じに思えるんですが。

「パワーとはなにか という質問に答えるのは パワーがあるという人たちの方。
 自己暗示による効果というものがあったとしても 
 それは本人の力でお守りや石のパワーではないということは言えます。」


いや、だから私はパワーストーンのパワーは科学的なものじゃないという点を言ってるわけで。
持つ人がそう考えた結果を否定するなら、それは価値観の否定になっちゃうんじゃないのかな?
嫌いなら嫌い、認めないなら認めないで、パワーストーンなんて無視すりゃいいと思うのよ。

こういう場合、パワーストーンのパワーってどういうものかという認識を摺り合せしないと議論にならない。
こっちは考え方の問題だというし、先方は「ないものはない」では、どこまでも平行線ところか平行にすらならないかも。

いささかもやもやしながら考えていたら、最近特によく見かけるような気がする
「パワーストーンって効果ありますか」

「パワーストーンにパワーなんてない。科学的に否定する」
は、石のパワーを「ある・ない」と単純に考える(白黒はっきりさせたい)という点で似た者同士ではないかと思えてきた。

あるんだったらある、あるんじゃなければない……これってゼロサム思考の一つだったりして。

パワーストーンのパワーって、気分の問題というか、表現というか……持つ人の気持ひとつでプラスにもマイナスにもできる、あいまいで幅のある考え、というより楽しみ方なんだよなあ。
今は聞かなくなった「ファジー」という言葉が当てはまるような気がする。

そういえば「ファジー」は1990年代に流行った。
振り返ってみればパワーストーンの最初のブームも重なる。

ファジーに根っこを持つパワーストーン(という楽しみ方)が、デジタルでゼロサムな今どきの考え(感覚)に押し込められると「効果ありますか」「科学的に否定だ!」ってことになるのかもしれない。

あいまいなものを無理に型にはめたら、何かが零れ落ち、どこかで歪みや軋みが出やしないか。



内閣府認定・追記

前に内閣府認定パワーストーンセラピストについてとりあげました。

ざっくりまとめると、パワーストーンセラピストの資格認定をしている一般社団法人日本能力開発推進協会(JADP)というところがあって、ここで出す認定は、民間資格のはずなんだけど、一般社団法人の認定に(たぶん)内閣府がかかわっていることを大げさに取り上げ、都合よく省略して内閣府認定パワーストーンセラピストと称しているんじゃないのか、ということ。

それにしても資格認定しているJADF自身は内閣府とか言ってないし、一般社団法人認定に内閣府がかかわっているのかもいまいちわからないなーと思っていたら、こちらのブログ様を見つけました。

「内閣府認証には要注意!という記事によりますと、
「この内閣府認証っていうやつですよ。ここで出してるカウンセラー資格がいかにも国家資格のような感じがするでしょ。これって、NPO法人の認証について、主たる事務所が1カ所なら県、2カ所以上が何県かにあれば、内閣府が認証するって決まってるだけなんです。書類に不備がなければ、認証されないっていうことはまずないし。NPOの認証している機関が最初の事務所の数によって県なのか内閣府なのかっていうだけなんです」(http://u-cou.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-bb7e.htmlより引用。太文字はKURO)

なるほど……。

つまり、「内閣府認定パワーストーンセラピスト」というのは、「事務所の数の規定により内閣府に申請して認証された一般社団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認定する民間資格のパワーストーンセラピスト」の太赤字の部分ということ。

都合よく省略しすぎ。


ラッキーアイテムとしての石

ラッキーアイテムとして石を持ちたい。こんなとき(願い)があるとき、どんな石がいいか。
とか、
こういう石をこんな風に持って大丈夫か。
……という主旨の質問があります。

これについても、私はナントカの一つ覚えのように
「あなたの好きな石」
をお勧めしちゃいます。

もっというなら、出会えたことが嬉しく、持つことが楽しくなる石。
「いい石買っちゃったよ~。うへへへへ」
と思わず顔がにやけちゃうような、そんな石を。

だってラッキーアイテムというなら、
まず、「いい石に出会えた!」と
持つ人を幸せな気分にさせてくれなきゃ、
話にならないでしょう。


ラッキーを期待して持とうというのに、「大丈夫?」なんて、本末転倒もいいところ。
買って楽しむより前に、いや、買う以前から心配しなきゃいけないようなものに、ラッキーをもたらすことができるとは思えません。

意味や効果、相性、何で選ぼうとかまわないけど、「その石を持って楽しいか(楽しめるか)」は譲れない条件だと思います。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。